NOW ON AIR !

番組表
HOME アナウンサー 柳田哲志 柳田哲志の”轍” 憧れのパラリンピアン

柳田哲志

柳田哲志の”轍”

憧れのパラリンピアン 2014年04月17日

先日、都城市に講演に来られていた、

日本人初の車いすのプロアスリート、

廣道 純(ひろみち じゅん)さんと

ご一緒させていただきました。

 

廣道さんは、シドニー、アテネの

パラリンピック800mのメダリストで、

現在400m、800mの日本記録保持者でもあります。

 

講演では、大阪出身で、現在、大分在住の廣道さんの受傷前後の

破天荒なエピソードから車いすスポーツとの出逢い、取り組みまで、

とても楽しく、そして為になる話が伺えました。

 

『今出来ることは全力でやるべき。』共感できる言葉です。

『55歳で国際マラソン2位になったフライ氏のように、

自分も55までは現役でベストを尽くしたい。』

『リオデジャネイロパラリンピック、東京パラリンピック

でも、メダルを目指して努力したい』

ソチ五輪で注目を集めた葛西さんと同じ41歳で、

既にレジェンド的な存在であるに関わらず

更なる高みを目指し邁進する。

今年47になる私に更なる喝を入れていただいた

気がしました。ありがとうございました。

 

普段はとってもお茶目で気さくな廣道さん、

国内、国外の大会に出場しながら講演会活動でも全国を

飛び回っています。

これからもますます目が離せないプロ中のプロアスリートです。

 

 

 

 

出会いに感謝   柳田哲志

 

 

 

 

 

 

アーカイブス

一覧を見る

Top

じゃがフォーン