ニュース

 宮崎県内のニュース

硫黄山 河野知事「長期化視野に対応」

えびの高原・硫黄山の今後の活動は見通せない状況です。

河野知事は「長期化を視野に入れた対応が必要」との考えを示しゴールデンウィークを控える中「規制範囲など正確な情報を確認して行動してほしい」と呼びかけました。
硫黄山は今月19日に噴火警戒レベルが3に引き上げられ硫黄山周辺半径2キロへの立ち入りが規制されました。
えびの高原周辺の観光施設は利用できない状況です。
河野知事は火山活動の長期化も視野に対応が必要との考えを示し、県では相談窓口の設置や災害対策貸付資金など商工業者への支援策を用意しています。
立ち入り規制区域内にある観光施設などからは「商品や機材を運び出したい」という要望が出ています。
えびの市などでは気象台の助言をもとに日程を調整しています。
ところで、硫黄山周辺からえびの市へ流れる川では水の白濁が続いていて、魚の死骸も確認されています。
えびの市によりますと、きのう、硫黄山周辺から流れる長江川で約30匹、長江川の水が一部合流する西境川で約40匹、コイなどの死骸が見つかり市が回収したという事です。
きょうも流れ着いた死骸が見つかっていて、白濁した水が人の健康に影響が無いか県による水質検査が進められています。

危険予測教育機器を活用した交通安全講習会

今年、県警に導入された危険予測教育機器を使った交通安全講習会が、宮崎市の県消防学校で開かれました。

講習会には、消防学校の学生33人が参加し、宮崎南警察署の園田剛士交通課長が緊急自動車を運転するとき気をつけるべきことなどを講話しました。
このあと、県警に導入された危険予測教育機器を使った講習が行われました。
これは実際の交通状況を再現した動画を見ながら、道路に潜む危険を予測する機器で、一度に複数の人が体験できます。
参加者たちは、危険を感じたらボタンを押して、どこが危なかったか話し合いながら、危険を回避する能力を高めていました。
体験した人は「(今回の講習を受けて)緊急のときも安全の確認をしっかりとして事故をしないように緊急車両を運転をしたい」と話しました。
今年県警には、この機器が8台導入される予定で、高齢者の講習などで活用していきたいとしています。

西都市 夫殺害の女に懲役6年の実刑判決

去年6月、西都市の自宅で夫を殺害した女の裁判員裁判です。

きょう、宮崎地裁は、被告の女に懲役6年の実刑判決を言い渡しました。
判決を受けたのは、西都市妻の高倉美和子被告64歳です。
高倉被告は、去年6月西都市の自宅アパートで、当時63歳の夫の頭をハンマーで殴るなどして殺害した殺人の罪に問われています。
高倉被告は犯行当時、善悪を判断する能力が著しく制限された心神耗弱状態だったと認定されていて、裁判では刑の重さについて争われていました。
きょうの公判で、宮崎地裁は、殺害方法が「執拗かつ残忍」で「心神耗弱状態であったとはいえ一定の判断力は残っていたので自分の意思で犯行に及んだことには変わりない」などとして、高倉被告に懲役6年の実刑判決を言渡しました。

南部九州高校総体 県実行委員会設立総会

来年7月に南九州4県で開催される全国高校総体に向け、教育委員会や各競技団体の関係者などでつくる実行委員会がきょう設立されました。

南部九州インターハイは、来年7月24日から宮崎・鹿児島・熊本・沖縄の4県で開催されます。
県内では、バレーボール、ソフトテニス、ボクシングなど9種目が行われます。
きょうは教育委員会や各競技団体、自治体などから関係者約50人が集まり、実行委員会が発足しました。
県内で開催される競技の参加者は、選手・監督が約1万人、観客は延べ15万人を見込んでいます。
会長を務める県教育委員会の四本孝教育長は、「スポーツランドみやざきをPRする絶好の機会。
あたたかいおもてなしで参加者のつながりを深める大会を目指したい」とあいさつしました。
また、県内で開催される登山競技は、予定していたコースが新燃岳や硫黄山を通るルートであることから、火山活動の状況を見てコースの選定を行うことにしています。

日章学園調理科 包丁入魂式

宮崎市の日章学園高校調理科では、新入生の技術向上と安全を願い、包丁への入魂式が行われました。

日章学園高校の調理科には、この春、96人が入学しました。
新1年生には、3年間の実習で使用する名前入りの包丁が渡されます。
入魂式では、実習の安全や生徒の技術向上を願い、神事が執り行われました。
このあと、甲斐勝弘副校長が「国内外で活躍している卒業生に続くよう、一流の料理人を目指してほしい」と激励、新入生を代表して、副田麗妃さんが「料理人の魂である包丁に敬意をはらい、誠心誠意、修業に努め精進することを誓います」と誓いの言葉を述べました。
入魂式を終えた新入生は、「おいしい料理を作って人々を笑顔にできる料理人になりたい」「調理師免許を取得して、立派な調理師になれるように頑張りたい」などと話しました。
きょうは、日本料理の講師による包丁の使い初めも行われ、生徒たちは間近で見る一流の技に志を新たにしていました。

Reらいふ 正しい応急処置

今週のReらいふテーマは「アクシデント対処法」。

知っておくと安心、正しい応急処置についてお伝えします。

火曜日のビデオリポーター

ビデオリポーターです。

戦没者の御霊を慰めました。
戦争で命を落とした英霊を祀る宮崎県護国神社。
今月10日行われた例大祭の模様を前日の前夜祭とあわせて宮崎市の野田恭一郎さんが撮影しました。
厳かな雰囲気の中神事が執り行われ、巫女による御霊慰めの舞などが奉納されました。
会場には県内各地から大勢の参列者が集まり、戦火に散った人々に祈りを捧げていました。

あの日あの頃1990 4月24日

続いては、みやざきあの日あの頃1990。

1990年代20世紀最後の10年を4月24日の懐かしい映像で振り返ります。

4月24日の県内ニュース
FNNビデオPost
スーパーニュース次回予告
▼初勝利永峰咲希選手が生出演
▼車のトラブル対処法
▼宮崎市4校定期戦
▼高齢者交通安全教室
気象予報士酒井さんのお天気ブログ

 全国のニュース

FNNニュースネットワークへ
  • 読込中...