NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 思いをカタチに アートステーション「どんこや」(2018年4月10日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2018年04月11日

思いをカタチに アートステーション「どんこや」(2018年4月10日放送)

今週のテーマは「思いをカタチ」に。
きょうは、障害がある人たちが、自分らしさを表現したアートの話題です。

宮崎市の障害者通所施設アートステーションどんこや

齋藤泉さん

「どんこや」は、鈍行列車が由来で、各駅ゆっくりゆっくりいくでしょ、そこから出発しています。
どんこやの当初からのメンバー、齋藤泉さん
猫が好きな齋藤さんが描いた作品は、壁に飾っていても独特の存在感を放ちます。

どんこや

アートステーションどんこやは、だれもが取り組みやすく、ありのままの自分を表現できるアートの魅力を生かそうと、1994年に活動が始まりました。

和田江美子さん

みんなといるとすごく幸せでいっぱいです。

展示会の様子

どんこやに来て自由に絵を描くことができるようになり「救われた」と語るのは、先月、宮崎市で展示会を開いた森菜都子さん。
たくさんの人にほめて貰えてうれしかったと話します。

森菜都子さん

新しい作品を作りたい。
自分で描いた絵を墨で描いて、色を塗りたい。
また、スタッフの中にも、どんこやメンバーの影響で絵を描き始めた人もいます。

後藤さん

面白いです。
私の先生はこの方で、大先生です、私にとって。
思いをカタチにできる場所や仲間の大切さを、メンバーは身にしみて感じています。

齋藤さん

今です、今が一番いいです。
みんなが絵を評価されて、ほしいという人が出てくれればいいと思います。

富村さん

作品を商品化して、皆さんの少しでも経済的な支援の充実をはかっていければと思っています。
アートは生まれたときからバリアフリー、みなさんもエネルギーあふれる作品に触れてみてはいかがでしょうか。

お問合せ

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン