NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 楽しく脳活!スクエアダンス(5月18日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2017年05月19日

楽しく脳活!スクエアダンス(5月18日放送)

今週のテーマは「脳活
きょう、ご紹介するのは、アメリカ生まれのフォークダンス「スクエアダンス」です。

スクエアダンス

スクエアダンスは、4組のカップルが四角い隊形から踊りはじめ、合図に合わせて隊形を変えていく踊りです。
普通のダンスと違う大きな特徴は、ダンスの動きを指示する「コーラー」がいること。

スクエアダンス

決まった流れで踊るのではなく、コーラーの指示で8人が次々と隊形を変えて踊ります
即興性、意外性、ゲーム性が、スクエアダンスの醍醐味です。
13年前に結成した「みやこんじょ華クラブ」。
現在26人のメンバーを指導し、コーラーを勤める藤田さんは、79歳です。

みなさん本当に若々しいですね!

スクエアダンス

きっと、スクエアダンスのおかげだと思います。
このダンスは、コーラーの指示通りに動きます。
ダンサーは、その都度、耳から入ったコールを体に伝えて、機敏に動きます。
ですから、達成感が 十分期待できるわけです。
「スポーツで脳が喜ぶ」という言葉がありますが、スクエアダンスはまさしく通り、脳が喜ぶスポーツです。

スクエアダンス

歩くことを基本とした踊りで、「リズム感がないから・・」などと気にすることもなく、失敗しても笑い合い、1曲踊り終えるごとに、みんなで達成感を味わえます。
テンポさえ合えばどんな曲でも踊ることができ、コーラーの歌が入るシンギングというプログラムもあります。

参加者の声

参加者の声

みんなでひとつの踊りを完成させる達成感があり楽しい。

参加者の声

頭の体操になるので認知症予防にもなると思います。

藤田さん

スクエアダンスでは、失敗しても成功しても、笑いあったり、フォローしあったりして、人との関わりを大切にします。
脳のトレーニングをしながら、年齢を忘れて楽しさを味わえるスポーツだと言えます。

お問合せ

みやこんじょ華クラブでは、週2回、練習が行なわれています。
楽しく脳活!
スクエアダンスを始めてみてはいかがですか。

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン