NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 広がる和装の世界 着物をもっと身近に!(1月11日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2017年01月12日

広がる和装の世界 着物をもっと身近に!(1月11日放送)

今週のテーマは、「お正月明けにしたいこと」です。
着物を着てみたいけど敷居が高くてなかなか・・・という方でも、手軽に楽しめる着物を紹介します。

着物を着てみたい

お正月や成人式、和装を見かける機会が多いこの季節、和装に憧れても、敷居が高くてなかなか・・・という方もいらっしゃるのでは?
今日は着物の入門編!
手軽に楽しめる着物をご紹介します。

デニム生地の着物

着物の敷居が高い理由は、「お手入れ」「価格」そして「着付けの難しさ」ではないでしょうか。
こちらの着物は、その3つの敷居を低くし、より身近にしてくれます。
見た目は普通の着物ですが生地に秘密があります。
私たちが普段着で着るジーンズと同じデニム生地なんです。

外山たつみさん

このデニムの着物をプロデュースしているのが、宮崎市のたつみ流着付け教室代表の外山たつみさん。
3つの敷居を低くしてくれるポイントを教えて頂きました。

洗濯機でも洗える

着物の生地は通常、絹がほとんどです。
絹だとクリーニングが必要になります。
デニムになると洗濯機でも洗えますし、アイロン掛けもいらないので、そのまま袖畳みで畳んで頂けます。

仕立て上がりで3万8千円から

通常の着物だと、価格も10万円以上になりますが、デニムの着物だと仕立て上がりで3万8千円からとなっています。

通常の着付け道具

そして、一番のハードルは着付け。
初心者が着用しようとすると、1時間かかることもしばしばです。
通常の着付けには、これだけの道具も必要です。

ボタンをするだけ

このデニムの着物だとボタンをするだけ!
これで着用できるんです!

コーディネート

デニムの着物はコーディネートも広がります。
帯の代わりにベルトを留めてみたり、長じゅばんの代わりに手ぬぐいを使うこともできます。
ジーンズのデザインを活かしたボタンが特徴的なものからミリタリー柄のワッペンもかわいいお洒落なものまで!
さらに小物のチョイスでオリジナルスタイルを楽しめます。
着付けが苦手な方でも簡単にできますね。

日常でデニム着物を

特別な時に着るだけでなく、
日常で行き先によって選びますよね。
着物もその中のひとつとして考えて、普段着、日常で(デニム着物を)きていただきたいと思っています。

お問合せ

お正月だけでなく着物はいろんなシーンで華を添えてくれます。
まずはカジュアルな生地から触れてみて、今年は着物デビューを目指してみませんか?

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン