NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ エコアクション 子育て世代に人気!おもちゃ病院(11月16日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2016年11月17日

エコアクション 子育て世代に人気!おもちゃ病院(11月16日放送)

今週のテーマは、「エコアクション」です。
きょうは、子育て世代が大助かりのおもちゃ病院の話題です。

おもちゃの修理の数

年間で1500件!これは、おもちゃの修理の数です。
きょうは、おもちゃ修理のボランティア、おもちゃ病院についてお伝えします。
高橋利信さん。66歳。おもちゃ病院みやざきの事務局長です。
電機メーカーを退職後、この活動を始めました。

高橋さん

Q:おもちゃ病院とは
A:おもちゃ病院は壊れたおもちゃの修理や、手作りおもちゃの工作教室などをやっていまして、リタイヤして何か地域の人と交流したいなと思いまして入りました。

この日は、宮崎市の福祉まつりで出張修理。毎年、多くの修理依頼がやってくる日です。

福祉まつり

修理に持ち込まれるのは、電池で動くおもちゃやぬいぐるみなど様々。
「これがスイッチいれてもまわらない。頑張ります、なおしますよ。」

全体の約3割は乾電池が原因によるものですが、想像もつかないような原因が見つかることもあるようです。

relife_20161116_04

電池を減らさないと動かない・・・

低い電圧じゃないと動かないように制限をかける機能が働いているものもあります。
私たちの専門的な常識の上をいっているので勉強になります。

おもちゃ病院みやざき

おもちゃ病院みやざきは、おもちゃを通じて子どもに「物を大切にする心」や「科学する心」を育んでもらおうと、1999年に設立しました。
修理の件数が増加するとともに、メンバーも増え、現在では宮崎市や東諸エリアに42歳から88歳までの52人が在籍しています。

シニアの方たちの活動の場

子育て支援を中心に活動をやっていますが、最近は高齢者・シニア世代の居場所として人気がありまして、シニアの方たちの活動の場になり広がっています。

高橋さん

子供たちに物の大切さ、科学する心をしっかり教えていきたいと思っています。
もう捨てるしかないと思っているおもちゃがあれば、一度相談にいってみてはいかがでしょうか。

お問合せ

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン