NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 芸術活動で社会福祉に貢献 アート・アイ チャリティー展(8月25日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2016年08月26日

芸術活動で社会福祉に貢献 アート・アイ チャリティー展(8月25日放送)

芸術活動を通して収益を寄付する団体、「アート・アイ」が開催するチャリティー展の話題です。

アート・アイ チャリティー展

都城市早水町にあるモデルルームです。
こちらでは、今度の日曜までアート・アイ チャリティー展が開かれています。
芸術活動を通して何か役に立つことがしたい」。
4年前、そんな想いで活動が始まったアート・アイの会員は、プロとアマチュアの芸術家や手芸家14人と、チャリティーイベントを支えるスタッフ22人です。

漆木さん

様々な種類の絵画をはじめ、書道や陶芸、手芸作品など幅広い分野で楽しんで頂ける展示会になっています。
作品の売り上げ金の一部と、期間中のお楽しみイベントの収益金全てを、社会福祉団体に寄付しています。

収益金全てを、社会福祉団体に寄付

発起人で代表の漆木さんの絵は、宇宙からのメッセージをテーマにした油絵
軽快で明るくさわやかな色彩の作品は、数々の賞を受け、国を超えて認められています。
そんな漆木さんの作品を間近で見ることができるのも、このチャリティー展の魅力のひとつです。

漆木さんの作品

他にも、個性あふれる絵画や書道、陶芸などが出展されていますが、モデルルームのギャラリーという場所柄、とてもアットホームな展示会となっています。
さらに、初心者や高齢者も簡単に着付けができる「さくら造り帯」や、手芸作品の数々・・・
訪れる人を飽きることなく楽しませてくれます。
また、このチャリティー展は、作者にとっても大切な発表の場となることから、制作活動にも意欲がわくようです。

吉松さん

自分の作品が、たくさんの方の目にとまることも嬉しいですし、それを購入して頂いたお金が、福祉で役立ててもらえるのも嬉しいです。
最終日の28日には、絵本の読み聞かせや、オラクルカードリーディング他アロマ体験やグラスアート体験教室も行われます。
子どもから大人まで楽しめるアート・アイチャリティー展
ご家族で立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

アート・アイチャリティー展

■お問合せ
漆木
TEL:070-5416-0988

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン