NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 「親子プレミアム食堂」(1月29日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2016年02月01日

「親子プレミアム食堂」(1月29日放送)

「親子でゆっくりとした食事の時間を取ってほしい。」
ある女性の思いが形になりました。

児玉リポーター)
「毎日、家事や育児、そして仕事に大忙しのお母さん。そして、お父さん。そんな家族がゆっくりと食事を楽しむ時間を作ってあげたい…
ということで、先月ある食堂がオープンしました!」

画像:店舗外観

宮崎市のとある居酒屋。
この日は昼からお客さんが食事を楽しんでいます。
親子が楽しんでいるのは、「プレミアム親子食堂」です。

画像:富井さんのコメント

富井さんのコメント)
「母子家庭、父子家庭貧困世帯のお母さんたちからいろんな相談を頂く上でお子様達となかなかご飯を取る機会がなかったり、お子様たちに満足した食事を与えることが出来ないなどの
意見を頂いたので。」

プレミアム親子食堂は、県内の貧困世帯、もしくはひとり親世帯を対象にした親子支援食堂で、毎月第3土曜日のお昼に無料で食事を提供します。
宮崎市内でアート教室を開くなどさまざまな事業を展開する会社が企画しました。

富井さんのコメント)
「時間が合わなかったり金銭的な部分もあり自分の我慢して子どもさんの方にだけ与えてあげるというのもいろんな場所でよく聞きます。」

プレミアム親子食堂の利用は「自己申告制」で、所得や家族形態の確認書類などは必要ありません。

画像:プレミアム親子食堂の利用方法

①連絡して食堂を利用するために必要なチケットの受取日を決めます。
②事前にチケットを受け取りに行きます。(この時、別の家庭と一緒にならないように時間をずらせます。)
③当日は事前に受け取ったチケットを持って食堂会場となるお店へ行き、ランチタイムを楽しみます。

画像:県内のひとり親世帯数

平成22年の調査によると県内にいるひとり親世帯は1万6630世帯で決して少なくありません。

利用した親子の感想)
「とってもおいしいしありがたいと思う。うちは母一人子一人なので子どもが食事している間って 母親は動き回って腰据えて食べるってない。こうやって2人でゆっくり座って食べられるのは嬉しい時間です。」

画像:店舗外観

食事の会場は宮崎市内の飲食店3店舗です。
メニューは各店舗に任されていて1食500円程度。
協賛企業などから集められた資金で料理を作ります。

宗玄さんのコメント)
「少しでも笑顔があってあったかい料理を作っていきたいと思っています。」

富井さんのコメント)
「食事を作る時間も食事に使うお金も何も気にせずにただお子様と楽しい時間を過ごしながら同じ悩みを分かち合う場になってほしい。」

ゆっくりと楽しくご飯を食べる。
プレミアム親子食堂」は食事をしながら親子で会話をする大切さに気づかされます。

■問い合わせ
宮崎市橘通東1丁目
日本プレミアム能力開発
TEL:070-5349-2372
(LINEでの連絡可)
(ホームページもあり)

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン