NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ スマホ老眼にご注意!(12月7日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2015年12月08日

スマホ老眼にご注意!(12月7日放送)

多くの人が使っているスマートフォン。
長時間見続けることで起こる目の異常「スマホ老眼」についてです。

有馬リポーター)
「眼が老いると書いて『老眼』。しかし、老いていなくても同じ様な症状が現れる場合も。
それが『スマホ老眼』。このところ若い人の間でスマホ老眼の症状を訴える人が増えているといいます。」

画像:スマホ老眼の説明

スマートフォンを見た後で離れた所を見ると、ぼやけたり手元に目を移しても細かい文字が見えなかったりといったいわゆる「スマホ老眼」。
通常の老眼とは違いますが症状が似ていることからこう呼ばれます。

画像:老眼の症状を訴える人の数

15歳~34歳の若い人の間でこうした症状を訴える人が増えています。
メガネをかけている人を対象にした調査では、老眼の症状を訴える人の数は、5年前の0.3%から去年は5.1%に上昇しました。

世帯普及率が6割を超えているスマートフォン。
スマホ老眼は多くの人の目に関係しているのです。
では、スマートフォンを長時間 見続けると何が起こるのでしょうか?
人の目は、遠くを見るときは水晶体と呼ばれるレンズを薄く、近くを見るときには厚くしてピントを合わせます。

画像:スマホ老眼の原理

近いところを見続けると、ピント調節に使う筋肉に力が入った状態が続き、凝り固まってしまうのです。
その結果、ピント調節がスムーズにできない状態に陥ってしまいます。
県内の眼鏡店にもこうした症状で訪れる人が多くなったといいます。

メガネスーパー 坂本さん)
「20、30代の比較的若い人が多くなりました。」

画像:眼年齢を判定

この店では、近づいてくる文字を見てピントが合う距離を調べ、眼の年齢を判定しています。
スマートフォンを1日5時間程使っている23歳のスタッフです。

メガネスーパー 坂本さん)
実年齢23歳に対して眼年齢37歳とかなり高め。スマホ老眼の可能性が十分に疑われる。」

有馬リポーター)
放置しておくのはまずい?

メガネスーパー 坂本さん)
「視力の低下や体調不良を引き 起こす可能性が考えられる。」
「ピント調節を助けてくれる眼鏡が若い人にも人気。」

スマホ老眼にならないためにはどうすればよいのか?
ポイントは目との距離に注意することです。

メガネスーパー 坂本さん)
「理想の距離は40㎝ぐらい」

有馬リポーター)
「見にくい・・・」

メガネスーパー 坂本さん)
「スマホ老眼は一時的なもの。目を休ませれば回復します。効果的なのは遠くを見るのが手軽で簡単です。

また、スマートフォンを長時間見続けることで瞬きが減って目が乾燥し疲れにつながるため、意識して瞬きすることも必要です。

画像:スマホ老眼を防ぐ体操

さらに、目線の高さに両手の親指を立てて左右交互に見るなど目の体操を行ったり、温かいタオルなどで瞼を温めたりすることで筋肉の緊張を和らげることができるそうです。

多くの人の目に関係する「スマホ老眼」
スマートフォンの利用時間を限るなど上手に使いながら、できるだけ目を休ませることが大切です。

■問い合わせ
都城市
メガネスーパー都城店
TEL:0986-23-6667

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン