NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 今年こそは!小筆で美しい文字を!(2019年1月9日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2019年01月10日

今年こそは!小筆で美しい文字を!(2019年1月9日放送)

今週のテーマは今年こそは。
今日は、こちら。今年こそ小筆を使ってきれいな文字を書きたい!

小筆を使ってきれいな文字を書きたい

結婚祝いの、のし袋や芳名帳に、名前、住所を書く時、やはり綺麗な文字で書きたいですよね。
そこで、宮崎学園で書道の講師を努める、久保なつきさんに美しい書き方のポイントを教えて頂きました。

力強く、堂々と書く事

一番の基本は、力強く、堂々と書く事です。
例えば、打ち込みや止め、払いなどは、ゆっくり丁寧に書きましょう。
止めなどの部分が流れてしまうと、なんとなく雑に見えてしまいますが・・・
ポイントだけでも、ゆっくり書くことで、全体が丁寧な印象に。
なお、筆ペンは、やや立てて、穂先を使って書くのがポイントです。

ポイント:文字の中心を通す

さらに、もう一つバランスを整えていきましょう。
文字の中心を通すのがポイントです。
文字の中心が傾いているので、まっすぐ通しましょう。
打ち込み、止めなどで時間をかけ、バランスに気をつけて書くと・・・
打ち込み、止め、払いがとても丁寧で、整って見えますね。

そして、のし袋に名前を書く場合は、御祝いなどの名目よりも、やや控えめに書きましょう。
また、名字と名前の間は、少し空けましょう。
尚、祝儀袋には、濃い墨で、不祝儀袋には、薄墨で書くのがマナーです。

芳名帳に書くときのアドバイス

次に芳名帳に書くときのアドバイスです。
住所が長い場合は、2行にして、中央より少し下で書き終わるようにし、その下に、名前を書きます。
こちらでもやはり、文字の中心をしっかり通すことが大事です。
そして、名前は、やや大きめに書きましょう。
なお、住所だけで一マス使っても大丈夫。
次の欄の名前は、中央より少し上から、大きく書くようにしましょう。

心をこめて丁寧に書くこと

きれいな文字は、形だけでなく、バランスもすごく大切なんですね。
いろいろコツを紹介してきましたが、一番大事なことは、心をこめて丁寧に書くことです。
そうすれば、相手に伝わりますし、不快に思われることはないと思います。
ぜひチャレンジしてみてください。

心をこめて丁寧に書くこと

丁寧な、思いが伝わる文字。
今年こそ、目指してみませんか?

■お問合せ
久保習字教室
宮崎市学園木花台
TEL:0985-58-6263

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン