NOW ON AIR !

番組表
HOME 天気のサカイ目 風速と体感気温

酒井晋一郎

天気のサカイ目

風速と体感気温 2017年01月23日

今日は冬型の気圧配置が強く、大陸からの寒気が流れ込んで、日中の最高気温は各地で今シーズン1番低い気温となりました。

また、平野部を中心に瞬間的に15メートル以上の強い風となったため、体感的にもより寒く感じられました。

体感気温を計算するウェブサイトなどはよくありますが、公的な機関で算出しているところはないかと思って調べていたら、ありました。

アメリカに。

アメリカ国立気象局(NWS: National Weather Service)では、気温と風速の強さを踏まえて体感気温を算出する「Wind Chill Chart」を設定しており、ウェブサイトに気温・風速を入力すると体感気温が計算されます。

気温が10度(華氏50度)未満、風速がおよそ1.3メートル(時速3マイル)以上のときに適用されるので、冬用の体感気温です。

National Weather Service
http://www.nws.noaa.gov/om/cold/wind_chill.shtml

ちなみにアメリカでは、テレビの天気予報で予想気温だけではなく、予想体感気温も発表されていますよ。

 

宮崎市で最も風が強かったのは12時台だったので、13時ちょうどのデータを利用すると、気温は6.7度で、風速は秒速11.4メートルでした。

風速を時速に直すと41キロメートル。

華氏→セ氏、マイル→キロへの変換を忘れずに。

この数値を計算表に入れてみると、体感気温はなんと、

1度!!!

日差しがあると体感気温は上ぶれしますが、それでもこの算出された気温に納得できるほど、寒く感じられたと思います。

冬の風速が強い日は、マフラーや手袋、帽子などを着用して、できるだけ素肌が風にさらされないように防寒対策をするといいですね。

 

アーカイブス

一覧を見る

Top

じゃがフォーン