NOW ON AIR !

番組表
人事を尽くして天命を待つ

K3 2015年04月03日

3月31日を以て興梠アナウンサー、小西アナウンサーが退社いたしました。

見た目からは想像できないでしょうが私と2人は同じ年齢。

児玉、興梠、小西で「K3」と勝手に仲間意識を持っていました。

あれ…気持ち悪いですか?

私は何の仕事をするにも2人を意識していました。

興梠アナウンサーは特にナレーション、

しっとりも明るく読むのもでき、多くのトーンを使い分けられる彼女はよくナレーションを頼まれていました。

しっとり読んでも聞こえやすい、明るく読んでもうるさくない。

何よりも心込めて登場人物を引き立てる彼女のナレーションは皆さんもよく耳にされていたかと思います。

私がディレクターに「ナレーションしましょうか」と言うと「もう興梠に頼んだ~」という事が良くありました。

その度に心の中で舌打ちをしたものです。というのは半分冗談で、

「興梠さんならどう読むかな」とイメージすることで、私もより考えてナレーションに臨むことができました。

興梠さんはこれからもジャガサタ・ゲンキテレビと引き続き仕事をするので

これからも良きライバルとして意識させていただきます!

そして小西さんはバラエティー。

私が思うに彼女天然ボケをしている様に見えますが、ほとんど計算して発言していると思います。

営業妨害な私の推測ですがとても賢い女性です。

一緒に取材していて、もう少し場を盛り上げたいなと思い小西さんにふると

ほとんど場を沸かす発言をしてくれます。

それがたまに「失礼やろ!」と突っ込まれるような内容のものもありますが、

誰も気分を害することなくテレビ的には面白い仕上がりになっています。

取材対象との距離感や、

自分が何を求められているかを察知する能力、そしてそれを超える行動をする所には脱帽でした。

一緒に仕事をしてとても刺激になりました。

ありがとう、小西さん。

2人にはあまり言いませんでしたが勝手に切磋琢磨させてもらっていました。

本当にありがとう、

最後になりましたが2人がよく私に食券をもらいにきていましたが、あれはあげたわけじゃないから。

ちゃんと払いにきてください

それではお幸せに!

 

 

 

 

 

 

アーカイブス

一覧を見る

Top

じゃがフォーン