NOW ON AIR !

番組表
柳田哲志の”轍”

共に生きる 2017年12月01日

今年も12月4日から12月10日が人権週間です。

(12月3日から9日は障害者週間です)

 

私自身が障害者となって早や9年が過ぎ、

健常者であった頃の自分を思い出しながら、

そして、その頃の自分を追いかけながら生活し、

働く中で、障害者として生きる息苦しさや辛さを

感じる事も多々あります。そんな時は悲しく、

やるせなさを感じますし、逆に見せ掛けではない

優しさに触れた時や、本当の意味での思いやりを

感じた時、見かけた時には心が温かくなります。

 

いつになれば、すべての人の“心”から

バリアが無くなり、真のバリアフリー社会が

実現するのでしょう?

 

この時期になると、毎年、一人でも多くの方に

“人権”について、ひいては障害者についても

考えるきっかけにして欲しいと切に願います。

 

写真は、私が評議員を務めさせていただき3年目となる

清武せいりゅう支援学校の文化祭、せいりゅう祭で展示

されていた書です。宮崎南高校の書道部の皆さんと共に

制作されたそうですが、思いの込められた力強い言葉が

書かれています。とても味のある素晴らしい書だと思います。

12月4日には支援学校で茶道部の皆さんとも

“心のバリアフリー”交流があるそうです。楽しみです。

 

また、

UMKスポーツスタジオでは12月3日日曜日に

“こころ”のふれあうフェスタ2017が開かれ、

リオデジャネイロパラリンピックの閉会式で圧巻の

パフォーマンスを披露した義足のプロダンサー

大前光市さんのイベントも行われます。

 

東京パラリンピックまで1000日を切った今、

ぜひ一人でも多くの方に参加していただき、

盛り上げていただきたいと思います。

 

宜しくお願いいたします。

 

障害者、人権、共に正しいご理解とご支援を。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界中の支援者の皆様に感謝

アーカイブス

一覧を見る

Top

じゃがフォーン