NOW ON AIR !

番組表
HOME アナウンサー 柳田哲志 柳田哲志の”轍” 障がい者スポーツへの支援に感謝

柳田哲志

柳田哲志の”轍”

障がい者スポーツへの支援に感謝 2015年11月27日

先日、『第3回 スポーツを通じた心のバリアフリー推進事業』の

講師として、清武せいりゅう支援学校にお邪魔しました。

約90分の講習の内容は、パラリンピック正式競技のボッチャを通じ、

障がいの有無に関わらず高校生同士の交流を深め、

スポーツの大切さや楽しさを伝えるというものです。

 

大分県別府市からお迎えした特別講師の太田恵蔵さんと一緒に

みなみのかぜ支援学校の皆さん、

清武せいりゅう支援学校の皆さん、

赤江まつばら支援学校の皆さん、

宮崎県立宮崎南高等学校の皆さん、

宮崎学園高等学校の皆さんなど、あわせて約80人に

競技ボッチャの魅力と楽しさを伝えました。

 

講義ではおとなしく真剣な表情の生徒さんたちでしたが、

実技・体験になると元気いっぱい楽しそうに

一球一球に歓声をあげながらプレーしていました。

 

この様な機会に、ボッチャをはじめ色んな障がい者スポーツ

に触れて、より多くのアスリートや、

アスリートを支援するサポーターが生まれ、

宮崎からたくさんのパラリンピアンやメダリストが誕生

することを心から願っています。

 

また、併せて、第2回の講師として初めて来県された

パラリンピアン、走り幅跳び日本代表の山本篤さん、

宮崎県の障がい者スポーツを支えてくださっている

スタッフ、県職員の皆さんのますますのご活躍も

心からお祈りしております。感謝感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全ての障がい者アスリートとサポーターに感謝

アーカイブス

一覧を見る

Top

じゃがフォーン