NOW ON AIR !

番組表
HOME アナウンサー 柳田哲志 柳田哲志の”轍” サイキョウノフタリ

柳田哲志

柳田哲志の”轍”

サイキョウノフタリ 2012年11月17日

 

先日、なかなか行けずにいた映画を観に劇場に出かけました。

宮崎に帰ってきてからというもの劇場からすっかり足が遠のいていた

私を駆り立てたのは、

『最強のふたり』という邦題のついた、フランス映画。

 

題名を聞くと、「どんなアクション映画だろう・・・?」っと

思ってしまいそうですが、実はこれ、

『フランスで3人に1人が観て、笑って、泣いた、』っていうふれこみの

『最強』の友情映画なのです。

 

どんな友情かというと・・・

私と同じように、事故で首から下の自由を失って

肢体不自由の障害を負った老紳士と、

介護の経験もないのにその男性の世話をすることになった

スラム街出身の若者との、一風変わった友情なのです。

 

しかも、この映画、実話に基づいていて、

実にリアル且つ、爽やかなな感動を与えてくれる『最強』の感動映画。

 

『体が不自由になって一番の障害は・・・』

 『障がい者の居場所とは・・・・?』

本当にセリフも良く、映像も美しく、

音楽も素晴らしい傑作だと感じるとともに、

ぜひたくさんの方に観ていただきたい秀作だと思いました。

ちなみに、私は思わずサントラ盤まで買ってしまいました(笑)

 

見方は様々でしょうが、まだ・・という方はぜひぜひご覧あれ。

アーカイブス

一覧を見る

Top

じゃがフォーン