NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 U-doki フォーカス 九州豪雨から2週間 被災地の今(2020年07月18日放送)
U-doki
U-doki:
フォーカス
番組TOPに戻る

2020年07月20日

九州豪雨から2週間 被災地の今(2020年07月18日放送)

九州南部を中心に甚大な被害をもたらした豪雨災害から2週間が経ちました。
特に被害の大きい球磨川人吉市を藤崎祐貴アナが取材をしてきました。

死者65人、行方不明者2人。住宅被害は8000 棟以上。(7月17日時点)
球磨川の氾濫などで甚大な被害を受けた熊本県。

発災から10日後の今月14日、被災地を訪れました。
大きな被害を受けた球磨川沿いにある小さな集落 球磨村の茶屋地区。

03 球磨村の茶屋地区の様子

ここで生まれた時から暮らしている中神ゆみ子さん(70)は今月4日、球磨川の氾濫で住宅を跡形もなく流されました。

04 中神ゆみ子さん

中神さんの日記には「70にして積み上げてきたものが目の前を流れて行った。」と綴られています。

05 中神ゆみ子さんの日記

暴れ川として知られる球磨川流域ではこれまでに何度も水害に見舞われてきました。
しかし、今回はその経験をはるかに上回るものだったと言います。

九州北部豪雨や西日本豪雨など、近年続く記録的な豪雨災害。長年その土地に暮らし、
知識や経験がある地元の人たちでも自然の猛威を予想することはできません。
"高齢者や体の不自由な人は避難してください"と放送が入った時に、"こんなに天気がいいのになんで避難しないといけないのかな?"と思った。段々雨の勢いが強くなって、夜中に避難しようと思った時には雨の音が聞こえなくなってしまって、バッグ1つ持って逃げました。今回の水にはと予想ができなかったとみんな言っている。避難をしろと言われたら避難をしないと大変なことになることがわかりました。」と、中神さんは話します。

06 避難時の様子を語る中神ゆみ子さん

近年では想定できないレベルの豪雨が降ることもあるということを認識しておくことが大事です。
宮﨑はこれから台風シーズンを迎えます。
「これまで大丈夫だったから」ではなく、自分の暮らしていく地域ではどんなことが起こり得るのか、ハザードマップなどでしっかり確認しておくことなど事前の準備が必要だと思います。

情報募集中!

エンタメ情報募集中!

U-doki公式facebook
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top