NOW ON AIR !

番組表
あなたもおひとついかがカナ?

見え方が変わってきた 2017年03月17日

先日、高校時代の友人の結婚式で熊本に帰りました。
実家で久しぶりにのんびりしていると
壁にこんなものが…

小学生の頃から習っていた書道の先生が書いてくれた
葉祥明さんの詩です。

-----
母親というものは無欲なものです

我が子がどんなに偉くなるよりも
毎日元気でいてくれることを心の底から願います

どんな高価な贈物よりも
我が子のやさしいひと言で
十分すぎる程幸せになれる

母親というものは実に本当に無欲なものです

だから母親を泣かすのはこの世で一番いけないことです

-----

もう15年以上、家の壁の同じ場所にあるのですが、
改めて見てなんだかこみ上げてくるものがありました。

きっとどこのお母さんもこんな思いで子どもを育ててきているんだろうなぁと。
高校時代まで実家で毎日目にしていたこの言葉が
改めてみると不思議とまったく違うものに感じられました。

また、今回の帰省では、先月産まれたばかりの弟の2番目の赤ちゃんにも会えました。
この赤ちゃんもきっとこの詩のような愛情をたっぷりうけて
すくすくと育っていくことだと思います♪

南出さんからいつもいじられているように
いつなるのかは分かりませんが(笑)
結婚式から始まり、母の思いを感じ、そして赤ちゃんに癒され…
イメージだけがまた大きくふくらんだ帰省となりました。

アーカイブス

一覧を見る

Top

じゃがフォーン