番組情報

UMKスーパーニュース

Reらいふ

昔ながらの・・・日南・手作りアイス(2018年7月5日放送)

2018年07月06日

JR飫肥駅にやってきました。
日南で「昔ながらの・・」と言えば、これ!手作りアイスです。
さっぱりとした懐かしい味です。

なかつやのアイス

この変わらぬ味を守り続けているのは、創業49年の「なかつや」です。
ここ飫肥駅前に移転して9年目になりますが、観光客や駅を利用する学生達で毎日にぎわっています。
現在は2代目 中津良光さん夫妻が切り盛りしていますが、忙しい時は、創業者・母の孝子さんも店に立ちます。

中津孝子さん

昔はリヤカーに積んで、飫肥周辺で売り歩きました。
その後は、車で吾田あたりまでエリアを延ばしました。
油津と吾田にも手作りアイス屋さんがあったんですが、今は、うちだけになってしまいました。

そして、息子の良光さんは、その味を受け継いで守るため、脱サラして飫肥に開業しました。

中津良光さん

主な材料は、卵・水あめ・はちみつ・バナナエッセンスです。
乳脂肪が少ないので、シャーベット状のさらっとした味わいになっています。

なかつやのアイス

たこ焼きのような小さいサイズも昔ながらのまま。
シングルは3個、ダブルは6個、食べやすいモナカもあります。
カップ入りやパックは、お中元やお歳暮にも人気です。
また、アイスケーキも販売されており、お誕生日やクリスマス用として大好評です。

さらに、学生達のお腹を満たす特製唐揚やポテトも、欠かせないメニューとなっています。

常連の学生さん

昔なつかしいアイスと、毎日立ち寄る学生達を応援する気の利いたメニューで、楽しい笑い声と笑顔が広がっています。

中津良光さん

JRで飫肥に来る人の玄関口となる場所なので、昔なつかしい味を観光客に味わっていただき、街の活性化につながるお手伝いができたらと思っています。

お問い合わせください

さっぱりしていて、ついつい食べ過ぎてしまうなつかしい味。
冷たいけど、胸がキュンとして、心が温まるおいしさです。