NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 図書館振興の日 都城市立図書館(2018年5月22日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2018年05月23日

図書館振興の日 都城市立図書館(2018年5月22日放送)

コーヒーを飲みながら寛げる空間。
カフェのようですが、公共の図書館なんです。
新たに生まれ変わった都城市立図書館にやってきました。
旧都城大丸センターモールを改装して先月オープンしたばかり。

都城市立図書館

エントランスを抜けると、開放的な吹き抜けが現れます。
広々とした館内は、元々あったショッピングモールの広い空間を生かした作りになっています。

居心地のよい空間

普段図書館を利用しない方も楽しく居心地のよい空間を作りました。
歴史や文化など分野別に配置した各コーナーを、ショッピングモール専門店に見立てています。
それぞれのコーナー前には野菜をいれる市場の木箱をイメージして作った書架を置いていますが、店先に陳列したおすすめ品のようなものです。
奥にどんな本があるのかわかるよう、おすすめ本を展示しています。

本検索のしくみ

館内には約14万冊が並びます。
この中から好みの本を探す際、役立つのがインデックスコーナーです。
並んでいるのはスタンプです。
知りたい事柄のキーワードを選んでメモ用紙に押し二次元バーコードをスマートフォンや専用機械で読み取るとキーワードに関連した本が検索できるしくみになっています。

親子ワイワイ楽しく本選び

この他にも従来の図書館とは一味違った工夫があります。
図書館だと静かにしなければいけないイメージですがここは違います。
その名もリビングのような席では、読み聞かせもできますし親子ワイワイ楽しく本選びができます。

【利用者の声】

  • 「図書館て子連れは敬遠したり行きづらいなって。ここならストレス背負わずに楽しくでき、すごくいい所です」
  • 「こういうのがあっていいんじゃないか。次世代の図書館という感じです」

各種専用スペース

一方、静かに利用したいという人向けの専用スペースも。
閲覧席は全体で約500席ですが、其々の空間や環境を変え、思い思いの場所で楽しめるよう配慮しています。

場所によってはパソコンやWiFiも使え、携帯端末の充電もできます。
さらに、蓋がついていれば飲み物の持ち込みもOK!一階にはカフェも併設されていて、コーヒーを買ってそのまま入館することもできます。

この他にも視覚障害者向けの対面朗読録音スタジオや10代の青少年専用スペースなど、様々な人が楽しめる空間が広がります。

前田さん

従来の図書館とは違う工夫や仕掛けをたくさん取り込んでいますので、思い思いの過ごし方していただきたいと思います。
ユニークな工夫満載の都城市立図書館。
じっくり楽しく本に親しめる絶好の場所です。

お問合せ

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン