NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ アクシデント対処法 けが後のお助けグッズ(2018年4月26日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2018年04月27日

アクシデント対処法 けが後のお助けグッズ(2018年4月26日放送)

実は私、先日足を捻挫し、約2週間、包帯などで固定していました。
困ったのは、片足だけ靴が履けないことでした。
そこで、アクシデント対処法。
怪我をした後のお助けグッズを紹介します。

カクイックス・ウイング:足のケガ

訪れたのは、こちらの福祉用具専門店です。
まずは靴、怪我をしたあと歩けるようになっても、こんな状態では、なかなか履ける靴がありません。

それが、あるんですよね?

足のケガの時に履けるくつ

こちらは男女兼用なんですが、足幅の広い4E~9Eまでありますので、包帯などを巻いた状態でも履けるかと思います。
足を怪我したあと外出する時、仕方なく片方はスリッパになりがちですが、とても危険。
きちっと足を包み込む靴が理想です。
片方ずつでも販売できますので安心してくだい。

靴を脱ぐ時のアイテム

次に困るのは、靴を脱ぐ時
足首を固定していると、体をかがめるのが結構辛いもの。
そんな時の対処法は、こちらのシューヘルパー
立ったままで、靴のかかとをおさえると・・・楽に脱ぐことができます。
履く時も立ったまま、姿勢を変えずにくつべらとして使えます。
普段、腰痛がある方にも、重宝しそうですね。

利き腕の骨折時に役立つアイテム

さて、私先日 指も骨折し、現在治療中です。
これがもし利き手の右手だったら、相当不便だったと思います。
もし利き手が使えなくなったら、箸を持つのも困難です。
そこで活躍するのがこちら!
利き手以外でも、簡単に箸が使える工夫がなされています。
このように、上手に食べ物をはさんでつかめます。

さらに、毎日の食事の手助けをしてくれるアイデアグッズもそろっています。

お役に立てる商品がいろいろあります

他にも、退院後車椅子を使いたいという方々には、こちらでお貸しすることができます。
福祉用具専門店なので、介護する時などに来られる方が多いのですが、怪我などで一時的に困った時でも、お役に立てる商品がいろいろあります。
お気軽にご相談ください。

お問合せ

もし 万が一、アクシデントで怪我をして何か困ったら・・
福祉用具専門店をのぞいてみてはいかがでしょうか。

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン