NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 「スイーツプロジェクト」受賞 日章学園パティシエ科(11月2日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2017年11月03日

「スイーツプロジェクト」受賞 日章学園パティシエ科(11月2日放送)

こちらは、「そのまんま日向夏」という和菓子です。

日章学園パティシエ科

高校生による商品開発、きょうは、このお菓子を作った日章学園におじゃまします。
日章学園パティシエ科には、現在3学年で90人が在籍しています。
製菓衛生士の国家試験を目指しながら、3年間で200以上のレシピを学びますが、商品開発にも取り組み、毎年様々なイベントなどで、販売されています。

スイーツプロジェクト

中でも注目されているのが、3年前から始まった「スイーツプロジェクト」
宮崎の農林水産物を発信し、地域振興につなぐ機関「みやPEC推進機構」と共同でスイーツレシピを開発するものです。

津田先生

スイーツプロジェクトは県内の学生を対象に、未来のパティシエ育成を目的に実施されています。
著名なパティシエによる研修を行なって、その後、学生からスイーツレシピを募集します。

和菓子「そのまんま日向夏」と、洋菓子「日向夏モンブラン」

今年は5校が参加し、日章学園は、和菓子「そのまんま日向夏」と、洋菓子「日向夏モンブラン」優秀作品に選ばれました。
この日 生徒たちは、文化祭で販売するお菓子を作っていました。
「そのまんま日向夏」のレシピを開発したのは、3年生の黒木遥奈さんです。

黒木さん

日向夏をそのまま食べたような味にしたくて、「あん」だけではなく外の餅にも日向夏を練り込みました。

こちらは、「日向夏モンブラン」を考えた2年生の宮下まきさんです。

宮下さん

クリームが柔らかいので、下にアーモンドのキャラメリーゼを入れて食感の違いを出しました。

そして、いよいよ文化祭当日。
2日間で約500個の製品が販売されますが、売れ行きや味の評価が気になるところです。

文化祭当日の様子

パティシエになりたいという夢を持つ生徒たちにとって、商品開発のチャンスは、技術やモチベーションを上げてくれます。
そして、開発されたお菓子を口にすると、高校生たちのエネルギーを感じ、笑顔になれるような気がします。
これからも、アイデアあふれる製品がたくさん生まれてくるのが楽しみです。

「健康と食のフェスティバル」にも出品される予定

そのまんま日向夏と日向夏モンブランは、今月19日に行われる「健康と食のフェスティバル」にも出品される予定です。
楽しみですね!

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン