NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ フリーペーパー犬猫譲渡情報誌「瞳としっぽ」(10月25日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2017年10月26日

フリーペーパー犬猫譲渡情報誌「瞳としっぽ」(10月25日放送)

今週はフリーペーパーについて、シリーズでお送りしています。
今日ご紹介するのは、こちら、犬と猫の新しい飼い主を探す為の情報誌「瞳としっぽ」です。

瞳としっぽ

このフリーペーパーはみやざき動物愛護センターと、一般の人が保護している犬と猫の新たな飼い主を探す為に発行されている月刊誌で、2010年1月にスタート。
それぞれの写真、特徴、連絡先などが紹介されています。

江藤さん

この冊子を作っているのは、江藤善崇(よしたか)さん。犬猫の譲渡会に参加したのをきっかけに、里親探しのお手伝いをするようになったそうです。

江藤さん

江藤さんは、毎週日曜日みやざき動物愛護センターで行われている譲渡会に出向き、写真を撮りながら、取材を行います。

江藤さん

Q:発行のきっかけは?
A:この活動を始めた2007年当時は、一般の方々の飼い主募集は難しかった。フリーペーパーで無料で載せてあげられれば一番いいと思ったのがきっかけです。

自宅で編集作業

撮影後は、自宅で編集作業。
取材した内容に加えて、一般の人から寄せられた情報や、ペットを飼う時の注意点なども紹介しています。
このような譲渡会や、情報誌などを通じて、県では、今年4月から8月末までに、犬猫合わせて約460頭の譲渡先が決まりました。(犬140 猫320 )

うれしかったこと

Q:この活動を始めてうれしかった事は?
A:募集をかけて、もらわれて、幸せに暮らしている情報が入ってくる写真を見た時一番うれしい。

将来的には、殺処分ゼロ

宮崎県として殺処分減少、将来的には、殺処分ゼロを目指しています。
その為に、県民の皆様に、広く新しい飼い主を探す犬猫の情報を発信する必要があります。
瞳としっぽには、動物愛護センターなどの犬猫の情報を掲載して頂き、情報発信という面で非常に助かっています。

実は、江藤さん、昔は、猫がちょっと怖かったそうですが、現在は、猫12匹、犬2匹と一緒に仲良く暮らしています。

江藤さん

ただかわいいだけじゃなく、猫と暮らすこと、犬と暮らすことによって、得られることを知って頂きたい。
今後の課題は、発行部数を増やし、必要な人の手に渡るようにしたいと江藤さんは言います。

お問合せ

いぬねこフリーペーパー「瞳としっぽ」は、現在、宮崎市、延岡市など県内5つの地区で無料配布されています。
大切な命を守りたいという、たくさんの人達の思いを受け、江藤さんはこれからも情報を発信していきます。

■お問合せ
いぬねこフリーペーパー「瞳としっぽ」
編集長 江藤善崇さん
TEL:0985-29-2269

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン