NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 地域で子育てを支援!ファミリーサポートセンター(2月13日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2017年02月14日

地域で子育てを支援!ファミリーサポートセンター(2月13日放送)

今週は「サポート」をテーマにお伝えします。
子どもの一時預かりや保育園の送迎など、育児を支援する人と依頼する人を結ぶ「ファミリーサポート事業」についてお伝えします。

ファミリーサポート事業

子育て中は、身体がいくつあっても足りない!と感じることはありませんか?
そんな時、力になってくれるのが「ファミリーサポートセンター」です。
宮崎市男女共同参画センター「パレット」にある『ファミリーサポートセンターみやざき』を訪ねました。

ファミリーサポート事業

ファミリーサポートセンターというのは、例えば子どもさんの一時預かりとか保育園等の送迎など、子育てのお手伝いをしていただきたいということで登録されている「依頼会員」と、子育てを援助してもいいよーとおっしゃって登録してくださっている「援助会員」を結ぶ機関となっております。

鍵山さん

ヨガのインストラクターをする鍵山さんは、半年ほど前、ファミリーサポートセンターに依頼会員として登録しました。
仕事の間、3歳の息子さんを援助会員である田中さんに預けます。

田中さん

依頼できるのは、子どもが健康な状態の時のみで、子どもの受け渡しは必ず「大人から大人へ」というのが決まりになっています。

  • 毎回過ごした内容をタカ子さんが報告してくださいます。
  • 私が気づかないような変化を教えてくださるのですごく有難いです。
  • 第二の私の母というか、息子にとっては祖母という感じの関係でしょうか。

援助会員は有償ボランティア

援助会員は有償ボランティアです。
必要な資格はありませんが二日間の講習を受けてからの登録となります。

田中さん

県外に住んでいる孫たちがやはりファミサポさんにお世話になっているんです。
それで娘たちはすごく助けられているって言っていました。
こちらにも娘たちみたいに忙しいお母さんたちがいらっしゃると思うんですけど、その方たちがちょっとでも手助けが欲しいっておっしゃるのであれば、娘と重ね合わせて協力したいなっていうのがあって、せいちゃんを通して社会参加がちょっとでもできたかなというのをすごく嬉しく思っています。

藤木さん

援助会員も皆さん安全に気を付けて活動してくださっていますし、依頼会員も無理な依頼をされる方もなく、今まで大きなけがもトラブルもなく、気持ちよく活動していただいております。

地域で見守り、地域で育てる。
ファミリーサポートセンターは厚生労働省により全国769市町村に設置されており県内では10ヶ所で運営されています。

お問合せ

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン