NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ カギは「筋肉」にあり 健康寿命を延ばそう(10月21日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2016年10月24日

カギは「筋肉」にあり 健康寿命を延ばそう(10月21日放送)

きょうから「健康寿命」がテーマです。
健康寿命を伸ばすカギは筋肉にあり!
中高年にも、運動を始めようという方にもオススメの体力づくり法です。

健康寿命のカギは筋肉にあり

「健康寿命のカギは筋肉にあり
30歳以降、足腰の筋肉は急速に衰え、70歳になる頃には、20代の約3分の2まで減少する」ということです。
東京大学 大学院の教授で自らもボディービルダーの石井直方氏は、著書の中で、効率よく筋力を鍛える方法にダンベルをあげています。
そこできょうは、手軽に始められるダンベル体操を紹介します。

桐井明子さん

宮崎市の桐井明子さん。
21年前ダンベル健康体操指導協会全国第1号の資格認定ダンベラーとなり、宮崎にダンベル体操を広めた第一人者です。
ダンベル体操は筋肉をつけるのではなく、「レジスタンスエクササイズ」と言う筋力をつけるためにするものです。

ダンベル選びのポイント

いつでも、どこでも、誰でも、自分の体力に合わせて行なうことができます。
ポイントは、握ったときに指が回る大きさのダンベルを使うこと。
ペットボトルなど握りきれないものはNG。
重さは1㎏以内で十分です。
ダンベルがない場合は、タオルを使ったり、手をグーにして行なうだけでも効果があります。
どんな動きをすればいいのかというと・・・

ダンベル体操

基本の動きはありますが、年齢や体力に合わせて行なえます。
例えば、漢字の米という字をイメージして動かします。
左・右・横・縦・斜めにはらって・はらって。
今、どこの筋肉を使っているかを意識して動かすことが大切です。

思いついたときに実行

思いついた時にやってみる。
トータルで1日15分毎日積み重ねて、健康寿命を延ばしましょう。

日常ながら運動

また、「日常ながら運動」というのもおすすめです。
洗濯物をたたむ時、ストレッチもかねて足を広げ、遠くまで手を伸ばすことを意識して作業をします。
家事をしながらできる体操です。

お問合せ

いつでも・どこでも・誰でもできるダンベル体操。
健康寿命を延ばす手軽な運動です。

■お問合せ
ダンベル健康体操指導協会 宮崎支部
TEL:0985-23-2459

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン