NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ ヒートショックを防ぐ入浴法(11月25日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2015年11月26日

ヒートショックを防ぐ入浴法(11月25日放送)

急激な温度変化が引き起こすとされるヒートショック
体に負担をかけない入浴法をご紹介します。

有馬リポーター)
入浴など急激な温度変化によって意識障害などを引き起こす「ヒートショック」がテーマ。
専門家の調査では、入浴中に亡くなる人は年間1万7千人と推計。
入浴時などに、急激な温度変化が引き金になるとされるヒートショック。
浴室や脱衣所などで急に倒れるケースも相次いでいます。

画像:浴室・脱衣所での死亡者(去年)

宮崎市消防局によりますと、去年1年間で一般住宅の浴室、または脱衣所で亡くなった人は28人。
このうち6割以上が12月から2月までの冬場に亡くなっていて、高齢者は23人と全体の約8割を占めています。
高齢者の抱える病気に詳しい宮崎市の江夏基夫医師に聞きました。

画像:江夏先生のコメント

江夏先生)
「高齢者を中心に、お風呂で重い症状で見つかるケースが多いです。
意識を失い溺れ、浴槽内で、心肺停止で発見されるケースもあります。」

画像:ヒートショックのイメージ図

江夏先生)
「暖かい部屋から出て、寒い脱衣所で衣服を脱ぐと、体温が急激に低下するのを防ぐために血圧や脈拍が急上昇。
熱い湯につかると交感神経が緊張しさらに血圧上がる。
体が温まると今度は血管が拡張して血圧は急に下がります。
こうした血圧の乱高下によって、心筋梗塞、不整脈、脳梗塞、脳出血などの危険が高まる。」

さらに江夏医師は、生活習慣病がある人や血管が詰まりやすい人は、年齢に関係なく注意が必要だと指摘します。

画像:ヒートショックに注意した方がいい人の特徴

江夏先生)
「高血圧、心臓病、糖尿病など持病がある人や、熱い風呂が 好きな人は注意必要」

有馬リポーター)
どういった対策があるのでしょうか?

画像:ヒートショックを防ぐポイント

江夏先生)
「温度差を少なくするのが大切。
脱衣場を暖め居間との温度差を少なくする。
前もって湯船のふたを外し蒸気で暖める。
シャワーを壁にかけ浴室を暖めるのも効果的です。
お湯は40度前後のぬるめで、心臓から離れた場所にお湯をかけ徐々に暖めます。
心臓に負担をかけぬよう肩まで浸からない…」

「これからますます寒くなるの で注意して風呂に入って…」

急激な温度変化によって引き起こされるヒートショック。
寒い冬の時期にこそ、正しい入浴法を心がけることが大切です。

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン