NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 収穫の秋!市民農園のススメ(9月11日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2015年09月14日

収穫の秋!市民農園のススメ(9月11日放送)

初心者でも気軽に楽しめる市民農園、趣味の秋、収穫の秋を楽しみませんか?

画像:施設外観

宮崎市佐土原町にある津倉市民農園は、総面積およそ1万平方メートル。
農園内は1区画15平方メートル、あわせて184の区画に分けられ、このうち108の区画が貸し出されています。

画像:佐土原総合支所 冠地さんインタビュー

佐土原総合支所 冠地さん)
「市民の憩いの場として農園を作っていただいたり健康目的でやられたり、そういうことで皆さんが触れられるような土地にしたいと思って」

画像:1区画あたりの年間利用料金

条件は、宮崎市に住んでいるか、市内で働いている満20歳以上の人で、1区画あたり年間7200円を支払えば利用できます

佐土原総合支所 冠地さん)
「年配の方からご家庭をお持ちの若い方までつくっています。」

画像:利用歴5年の方にインタビュー

利用者1人目の声)
「なってるんですよ~!天ぷらにするとおいしいの~。
しかくまめ!楽しい!この畑が楽しくてしょうがない!

画像:利用歴3年の方にインタビュー

利用者2人目の声)
「育てていって収穫する時ですね。
苦労が報われたって感じです。

画像:道具の無料貸し出し

児玉リポーター)
「そして嬉しいのがこちら。
管理棟にある鍬やバケツなど農園で使う道具も無料で貸し出してくれます。」

トイレや休憩室も揃っている他、園内にはいくつも散水栓があり、この水も自由に使えます。
さらに、お願いをすれば農園の管理者である河崎さんが野菜の育て方や畑の管理方法などを優しく教えてくれるんです。

画像:管理者さんインタビュー

管理者さんインタビュー)
ここにはブロッコリー、こちらにはキャベツ、ここにはニンジンが埋まってます。
これはベターリッチという品種

それではこれから家庭菜園にチャレンジする場合、どんなものを育てるのがお勧めなんでしょうか?

画像:管理者さんインタビュー

管理者さんインタビュー)
「白菜とかレタスとか、葉物であればほうれん草とか春菊、今からだったら十分間に合いますので作って冬の楽しみにしていただければ」

育てるにはぴったりのこの季節。
ぜひ皆さんも気軽に始めてみませんか?

■問い合わせ
佐土原総合支所 農林水産課
津倉市民農園
TEL:0985-73-1114

※家族で楽しんでいるという方もいらっしゃるそうです。
※利用者同士の輪も広がり育てたものを交換し合うこともよくあるそうです。
※県によりますと県内には宮崎市のほかに都城市や綾町など5つの市と町に12カ所の貸し農園があるそうです。

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン