NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ イメージ広がる「ペーパークラフト」点字用紙を再利用(9月1日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2015年09月02日

イメージ広がる「ペーパークラフト」点字用紙を再利用(9月1日放送)

お城や動物などのオブジェ。細かい部分まで複雑に表現されています。
都城市点字図書館にあるペーパークラフトです。

写真:点字のペーパークラフト

これらの作品は点字用紙で作られています。
読み終わった点字用紙を再利用して作られたペーパークラフトが人気を集めています。

写真:点字図書館

都城市の総合社会福祉センターにある点字図書館では、文章を点字に訳したり録音して、貸し出し用の図書を制作するなど障害者福祉の取り組みが行われています。

施設で3年前に始まったのがペーパークラフトの作成で、職員が点字用紙を再利用し様々な作品作りを行っています。

行事で試しに作ってみたらとても好評だったので、その後ずっと続けています。
点字用紙は薄すぎず厚すぎないので扱いやすいとのこと。

写真:触れる作品

大きな建物などはとくに、作品をさわることで形がイメージしやすくなります。
手触りから作品のイメージを感じる事ができ、利用者に好評です。

写真:利用者の声

「キリンは見たことも触ったこともないが、こんな形をしているんだと。こわくて触ったことがない生き物でも作品を触ることで形がわかります」

「象の鼻や牙の形、体のバランスがよくわかる」

「ペーパークラフトができて図書館に行くのが楽しみになったようです。外出も増えました。」

これまでに職員の手で50体あまりが制作されました。
利用者のリクエストなどをもとに毎月新たな作品が作られ、初心者から要望があれば簡単な作品作りの体験会も行っています。

写真:イベントの様子

手触りを楽しみながら、様々なイメージが広がるペーパークラフト。
新しい作品は今月中旬ごろ展示されることになっています。

■問い合わせ
都城市点字図書館
TEL:0986-26-1948

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン