NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 「冬支度」かさかさかゆくて辛い乾燥肌対策(2018年11月21日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2018年11月22日

「冬支度」かさかさかゆくて辛い乾燥肌対策(2018年11月21日放送)

今週のテーマは、冬支度。
今日は、今からすぐ始めたい、乾燥肌対策についてお伝えします。

中野先生

乾燥肌は放っておくと、皮膚の炎症につながることも!
そこで、皮膚科の中野俊二医師に話を聞きました。
一番上に表皮があって、ハリを出す真皮があって、皮下脂肪というのが皮膚の構造です。
本当は、しっかりした角質層という膜が、一番表面に乗っていないといけないのですが、(乾燥肌は)それが乱れて、水分が蒸発しやすくなっています。
尚且つ、水分もしみこまないようになっているという、非常に調子が悪い状態です。
かゆみは、かさかさ肌に慢性刺激が加わって、湿疹化していきます。
静電気が出る服は、身に直接着けるとよくありません。

乾燥肌:乳液やクリームがよい

基本的には、オイルばかりつけていると、角質層がめくれやすくなるので、どちらかというと、水分を含んだような保湿剤、乳液、クリームとかが薦められています。

ハンドクリーム

効果的な保湿の為には、症状に合わせた使い分けが、ポイントです。
まずは、ハンドクリーム。
保湿効果が高い、ヒアルロン酸、セラミドや、尿素配合のものなど、さまざまなタイプがあります。

尿素の使い方

気を付けたいのは、尿素の使い方です。
尿素は、固くなった かかとなどの角質を柔らかくする効果がある分、柔らかいところや傷口に付けると、肌荒れを悪化させる恐れがあります。
尿素は、角質が固くなった部分だけに使うようにしましょう。
また、時には、クリームを塗った後にキッチン用のラップや、手袋などでカバーするスペシャルケアもお勧めです。

入浴時のケア

次に、入浴時のケア。
入浴中の肌は、角質層がゆるんで、皮膚の保湿成分が流出しやすくなってる分、浸透もしやすい状態なので、保湿効果のある入浴剤を活用しましょう。
ただ、熱いお湯は逆効果。
ぬるめのお湯で、10分程度にします。
そして、お風呂上りの肌は、急速に乾燥するため、すぐにローションやクリームで保湿するのがポイント。
特に、乾燥によるかゆみを防ぐには、肌のバリア機能を保つ成分、セラミドなどを配合したものが効果的です。

食事の対策

そして体の内側からも対策を!
取るべきものは、良質なたんぱく質と、ビタミンAなど。大豆製品や、卵、緑黄色野菜などを積極的にとりましょう。

ノンカフェインのハーブティー

また、カフェインの摂り過ぎは、代謝を下げ、保湿力の低下につながるため要注意。
ノンカフェインのハーブティーなどでリラックスして下さい。
このように、乾燥肌を防ぐには、毎日の積み重ねが欠かせません。
今日から生活習慣を冬モードに切り替えて、しっかりケアしましょう。

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン