NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 小腹がすいたら・・・芋かりんとう(2019年1月17日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2019年01月18日

小腹がすいたら・・・芋かりんとう(2019年1月17日放送)

芋かりんとう試食・・
美味しくて手が止まりません。
今週のテーマは「小腹がすいたら」。

武田製菓

きょうは、この芋かりんとうを作っているお店を紹介します。
宮崎市跡江にある武田製菓
昭和30年に創業した「芋菓子」専門店です。
この芋かりんとうは、60年以上前から変わらない味、先代の父から受け継いできました。
たくさんの方が美味しいといってくださり、本当にありがたいです。

心を込めて製造

芋かりんとうは、高鍋や新富の「黄金千貫」を使っています。
宮崎産の芋をおいしくシンプルに味わって頂けるように心を込めて製造しております。

芋かりんとう製造の様子

1年間で芋菓子に使用する芋は40トン
かりんとうはカリッとした食感にするため、2度揚げされます。
約10分ほどの工程を経て、一気に揚げたての芋かりんとうが出てきます。
その後、砂糖をからめて出来上がり!

芋かりんとうに黒砂糖をまぶしたもの

また、この芋かりんとうに黒砂糖をまぶしたものもあり、ともに、武田製菓伝統の定番商品です。
さらに近年は、芋を使った新しい商品も増えて、全国へ向けて発信されています。

売れ筋ベスト3

ではここで、芋かりんとう以外の売れ筋ベスト3を紹介します。
第3位は、「いもっ柱」。
イベントなどで実演販売される定番商品で、甘い香りとお芋の食感がたまりません。
そして第2位は、「すいーとぽてと」。
バターや砂糖が控えめの、自然の甘さが魅力で福岡ソフトバンクホークスのキャンプが行われる会場でも販売されるなど毎年人気です。
さあ、第1位は、一昨年発売された「おいもパイ」です。
すいーとぽてとをパイ生地で包んでいます。

素材の美味しさを伝えたい

地元宮崎産の芋を使って、素材の美味しさを伝えたいという一心でここまでやってきました。
全国のみなさんにもこの味を届けていきたいと思っています。

お問合せ

地元で暮らす人達の小腹を満たしてきた芋かりんとう。
宮崎発のふるさとギフトとして成長し続けています。
小腹を満たしながらやさしい気持ちになるそんなおいしさです。

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン