NOW ON AIR !

番組表
HOME 会社案内 番組審議会 第530回 平成29年5月2日

番組審議会

第530回 平成29年5月2日

期   日 平成29年5月2日(火)
場   所 テレビ宮崎会議室
議   題 ニュース情報番組 U-doki
平成29年4月15日 午後5時56分~午後7時

議事の概要

■ 先日、地震があった時に、この番組を見ていたおかげで落ち着いて判断でき、自助に繋がった。どこに防災グッズ置くのが良いかというところまで紹介していただけると良かった。

■ 熊本地震から宮崎が学ぶ事というテーマからすると、地震の後、役所の窓口となる社会福祉協議会の人たちがどんな思いでボランティアセンターを立ち上げて、運営していったかという所の取材もしていただけると良かった。

■ 地震の恐ろしさは、時間が経つと薄れていくので、今回のようにあれから1年という節目で、改めて当時の映像を見せていただいて、それに関連した防災グッズの話をしていただけるのはとてもありがたい事なので、今後も続けて欲しい。

■ 地震の映像が流れる前に予告していただける配慮は、心の準備ができるのでとてもありがたい。天気予報の音楽の音量が、少し大きい感じがした。

■ 地震の時には、自助と共助が鍵を握るというのが、本当に局としての考えであるのか疑問に思った。ヒューマンのコーナーでは、食材がどうなっていくのかというのを最初に言っていただくと分かりやすかったのではないか。

■ いつもの「U-doki」のテイストとは違っていたように思った。
地震の科学的な部分の伝え方は、分からないなら分からないという様に言葉を付け加えたほうが良かったのではないかと思った。

■ 大きなふたつのテーマで、中身が濃かったためにヒューマンのコーナーが2週にまたがってしまって中途半端に終わってしまった感じがした。時間をかけて大矢さんの人物像を表して欲しかったと思う。

■ 被災者の方のインタビューでグッと来るものがあったが、ああいうエピソードを引き出すのは、取材の基本であると思うので、生身で良い取材をされているという印象を持った。

・・・ などの意見が出されました。

審議会トップへ戻る

Top

じゃがフォーン