NOW ON AIR !

番組表
HOME 会社案内 番組審議会 第526回 平成29年1月16日

番組審議会

第526回 平成29年1月16日

期   日 平成29年1月16日(月)
場   所 宮崎観光ホテル「あやめの間」
議   題 UMKの放送番組全般について

議事の概要

■ UMKさんの自社制作番組からは、制作される意図や姿勢というものに真摯なものを感じさせられる。1人の視聴者として高い評価をさせていただきたいが、それだけの優良番組なのに、必ずしも幅広い年代の視聴者が見られる時間帯の放送ではない事が残念である。

■ 地域の、名も無いような人がどんどん出てくるのが特に面白かった。取材者と取材を受けた人の出会いやそこでの発見や驚きが番組に空気感として伝わってきたので、取材の裏話や番組に込められている思いをネットで発信できたりすると、より視聴者と制作側の距離が近づくのかなという気がした。

■ 各産業における問題や、県政上の課題も発見していくような、年間を通してひとつのテーマを提起し、踏み込んでいく事も有りなのかなと思った。

■ 昨年1年間を通して言えば、これは今の日本にとってどうかや、切り口がどうかという議論を生み出すような番組は無かったと思う。もう少し宮崎の事で掘り出して報道すべき事もあると思う。更に光る為に、もう一歩進めることが出来たら良いと思う。

■ 宮崎の神話や食、スポーツなどの魅力を取り上げて、それを見た宮崎県民が、自分たちの地域の宝を身に付けて県外に発信していけるようになると良いと思う。会話のネタになるような番組がもっとあると良い。

■ アメリカの新大統領にトランプ氏が就任される事で、世界や日本それから宮崎にどんな影響が出るのかが若い人からお年寄りまでが理解できるような番組を作っていただきたい。また、宮崎が抱える、人口問題や医療の問題に若い人たちが目を向けてくれるような番組があると良いと思う。

■ キー局ではなし得ないローカル局ならではの、自分の知っている人がテレビに出るというのがあると非常に強いと思う。また、リアルタイムで報道やスポーツを、どれだけしっかりと伝える事が出来るかというのがミッションであると思う。

■ ホームページに掲載されているアナウンサー日記を活用して、アナウンサーになりたい人向けの記事や、アナウンサーの裏話などがあると、より面白いのではないか。

・・・ などの意見が出されました。

審議会トップへ戻る

Top

じゃがフォーン