NOW ON AIR !

番組表
HOME 会社案内 番組審議会 第497回 平成26年5月13日

番組審議会

第497回 平成26年5月13日

期日 平成26年5月13日(火)
場所 テレビ宮崎会議室
議題 ひむかの群像 第11回 大空を羽ばたいた先駆者 後藤勇吉

議事の概要

  • 宮崎にも、このような偉大な人物がいたという事を県民が知る良いきっかけになると思う。非常にインパクトのある人物だった。
  • 番組の後半になるまで後藤さんの育った年代と西暦が頭の中で一致せず、どのような時代背景の中で、どのような事をしたのかが追いにくかった。
  • 後藤さんがパイロットとして他の人よりどのような技術が優れていたのか、もっと詳しく知りたかった。日本の先駆者的立場だったと言われている理由についてもっと伝えて頂くと良かった。
  • 宮崎県の宝を資料として拾って行くという、番組を作る趣旨が素晴らしく実現されていたと思う。
  • 構成がとても素晴らしく、見やすい番組だった。学校の教材として使ってほしいくらい、良い番組だった。
  • 出演されている方の話に聞き取りづらい部分があったため、テロップを付けるなど工夫をした方が良いのではないか。
  • なぜ後藤さんがそこまで航空機に憧れていたのか、もう少し説明があっても良かったのではないか。
  • 飛行に成功した時の日記に「涙のしみでてくるほどの喜び」という表現が出あり、こういう喜びがあって人間は一つの事を追求出来るのだと思った。このように日記の文章を出しているのはとても良い。
  • 後藤さんについて語っている三人の出演者の言葉に説得力があり、それを効果的に編集されていたので分かり易かった。

・・・ などの意見が出されました。

審議会トップへ戻る

Top

じゃがフォーン