NOW ON AIR !

番組表
HOME 会社案内 番組審議会 第407回 平成18年3月28日

番組審議会

第407回 平成18年3月28日

期日 平成18年3月28日(火)
場所 株式会社テレビ宮崎 会議室
議題 「UMK青少年スポーツフェスタ ハイライト」
放送日 平成18年3月12日 午後4時55分~5時25分

議事の概要

  • 少林寺流空手道の紹介で講師の方が面白く指導され、子ども達の気合や突きも鋭くなり、気合もテレビから伝わったので大変驚いた。また、子ども達の純粋な気迫も伝わるのだと感心した。
  • ホームステイの取材では、子ども達がスポーツと関係ない話をしたり、その日の反省をしたりする、大人の入っていない子ども達だけの場面も紹介して欲しい。
  • 子ども達の名前が出てない競技があった。せっかくなので学校名と子どもたちの名前を出した方が良かったのではと思った。
  • リポートが良く、無駄もなく、的を射たコメントをしていた。楽しくリポートされ、その中でスポーツの魅力、子ども達の生き生きとした表情、講師の方の魅力が非常に良く伝わった。
  • この事業内容と今年で何回目、また競技種目の紹介といったような簡単な説明が欲しかった。この事業紹介がなかったので、前半部の講師の方からの指導と、後半部の交流大会とがどのように繋がっているのかということが分からなかった。
  • 子ども向けの番組なので、難しい漢字はひらがなで表記した方が良いと感じた。
  • 今回が11回目の事業という事で、これまでの地域貢献や、参加した子ども達のその後をフィードバックして、どのように変化してきたのかという説明を加えることで、事業のこれまでの重みも感じられたと思う。
  • 各競技、講師の方の指導や子ども達の反応が良く表現されており、子ども達ばかりではなく、地域でスポーツを指導しているコーチにとって、多くを学び感動できる番組だと思う。
  • 今後20年30年と続いた際に、一番怖いのはマンネリズムになっていくことだと思う。今回の番組も非常に完成度の高い番組だったので、マンネリ化せず、より洗練された番組を作って欲しい。

審議会トップへ戻る

Top

じゃがフォーン