NOW ON AIR !

番組表
HOME 会社案内 番組審議会 第375回 平成15年4月22日

番組審議会

第375回 平成15年4月22日

期日 平成15年4月22日
場所 株式会社テレビ宮崎 会議室
議題 ヒューマン九州21「女子高性は80歳!トッコちゃん一直線」
放送日 平成15年3月25日(火)11時10分~11時40分放送

議事の概要

  • 久しぶりに深く感動した。素晴らしい番組を見せていただいた。みんな同じだと思うが、あらゆる意味で感動した。様々な場面を撮っているからこのような素晴らしい作品になっているのだろうと思う。
  • 特に感動したところは、試験の問題が分からなかった時のあの落胆ぶり。点数がとれないというのではなくて、自分が勉強してそれでも分からないところがあったという悔しさがにじみ出ていた。80歳にして分からないということをこんなに悔しいと思えるということが素晴らしかった。
  • 番組審議会で委員の方が涙を流して見ているというのは初めてではないかなと思う。それだけ感動を視聴者の方にもたらした番組だったのではないだろうか。
  • トッコちゃん自身の生き方、考え方を自然に伝えているし、ナレーターも「トッコちゃん」に語りかけるようなナレーションだった。それがすべて一体となって、この方の若々しい生き方、考え方をうまく表現できていたのではないかと思う。
  • この方の素晴らしい生き方をスタッフの人たちがうまく表現できたということも素晴らしいと思う。
  • このトッコちゃんの人生を通して何某か我々が80歳まで元気に暮らしていける手がかりが見つかるのではないかなと感じた。
  • 人は何のために生きるかという時に、このような姿を見ていると何か人間として生きるために頭を働かせて学習するという本当の意味をこの方を通じて私自身も学んだ。
    また「まだまだ勉強しますよ」という最後の言葉がすごく力強く、逆に私達への励ましのように受けとめられた。私自身にとっても非常に元気の出る番組だった。
  • このトッコちゃんは元気であったから、このような気力も出てきたのかなと思う。なぜこんなに元気なのかということの説明をしてもらえると、そのあたりの納得ができたのかなと思う。
  • この審議委員になって涙を流したのは2回目だと思う。特に最後の卒業式の答辞の場面。自分で一生懸命勉強して、3年間で卒業することができたところが本当に良かったと思う。
  • もう少し高校での学園生活、高校生との交流、それから周りの高校生がどのように受けとめたのかということを描くと良かったと思う。
  • 自宅で倫理の勉強をしているときに、スタッフの方が見るに見かねて出ていったところは、とてもほのぼのとしていて良かったと思う。編集される時にカットされそうな場面だが敢えて残してあって良かったと思う。

審議会トップへ戻る

Top

じゃがフォーン