NOW ON AIR !

番組表
HOME アナウンサー 佐々木六華 ニュース時々虎・海・バンド 時間がたつほどに悔しさが・・・

佐々木六華

ニュース時々虎・海・バンド

時間がたつほどに悔しさが・・・ 2015年12月21日

齢40を数え、プライベートでも仕事でもそうそうドキドキすることはなくなりましたが、
きのうは久々のドキドキのちがっかり・・・を味わいました。

というのも、このブログでお知らせしていました、アンサンブルコンテスト県大会、
きのうが職場・一般の部の本番だったんです。
私は金管8重奏の一員としての出場。
吹奏楽のコンクールやコンテストは、
規定違反(タイムオーバーなど)で失格にならない限り、金・銀・道、いずれかを受賞、
そして金賞受賞団体の中から九州大会に進む団体が選ばれます。
ちなみに九州大会に進める団体の数は、県大会の参加団体数に応じて決まるんですが、
今年の一般の部には7団体が出場し、九州大会代表枠はわずかに一つ・・・
我々の団体もその狭き門突破に向けて練習をつんできました。

個人的には久々のコンテストでの演奏で、始まるまでは緊張しましたが、
最初の音を吹いた後はとっても楽しむことができました。
演奏後、知り合いの吹奏楽団の指揮者の先生などから、
「いい演奏だったよ」と声をかけていただきちょっぴり安堵。
期待と不安が交差する中、審査結果の発表にのぞみました。

中学時代から何度もこの瞬間を経験していますが、
今回もやっぱり心臓バクバク・・・
先に行われていた、高校生の部から発表があり、
だんだんと順番が近づいてきます。
そしていよいよ運命のとき・・・

結果は、残念ながら銀賞。
とうぜん九州大会への代表候補にすらなれませんでした・・・

発表を聞いたときは全身の力ががっくりと抜けるような感じで、
メンバー全員、表彰式が終わってもしばらく立ち上がれませんでした。

家に帰ってからも時間がたつにつれ悔しさが増すばかり・・・
絶対来年リベンジしてやるー!と今から燃えています。

と、悔しい思いもあった大会ですが、
こうやってドキドキさせてくれたり、がっかりしたりできるのも音楽のおかげ。
人生に彩を与えてくれる音楽に楽器に、そして一緒に音楽ができる仲間がいることに感謝です!

アーカイブス

一覧を見る

Top

じゃがフォーン