NOW ON AIR !

番組表
HOME アナウンサー 佐々木六華 ニュース時々虎・海・バンド 大きいことはいいことだ!

佐々木六華

ニュース時々虎・海・バンド

大きいことはいいことだ! 2015年08月20日

「カブトムシ」といえば、クワガタと並んで子供達、
特に男の子達が夢中になる昆虫界のアイドルですよね。
私も子供のころは、毎年夏になると捕まえにいってましたし、
年を重ねて、「虫を触るのはちょっと・・・」という大人になってしまってからも、
カブトムシとクワガタムシなら平気です。

さて、そのカブトムシの中でもっとも大きい種類といえば・・・
「ヘラクレスオオカブト」。
南米原産で、体長15cm前後の大型カブトムシ。
黄味がかった羽に長くていかつい角・・・
昆虫図鑑などで目にしたことがある方も多いと思います。
今週火曜日(18日)のUMKスーパーニュースで、
このヘラクレスオオカブトのブリーダー、
延岡市北浦町の河野博史さんをご紹介しました。
この河野さん、ヘラクレスブリーダー界では「レジェンド」的な存在です。
それまで養殖で17cmを超える個体は世界でも確認されていなかった(自然界ではいたそうです。)そうなんですが、
去年、17.1cmという記録を達成し、昆虫専門誌から表彰を受けたほどの方。
取材でお邪魔したときにも、初めて目にするヘラクレスに我々取材班が圧倒される中、
少年のような表情で、その魅力を立て板に水のごとくお話してくださいました。
VTRを放送する日の朝には、「きょうだったらスタジオに持っていけるけど」と連絡を下さり、
わざわざ北浦からUMKまでヘラクレスを運んできてくださいました。
到着すると、ヘラクレス見たさに局内のあちこちから人が集まってきて、
写真は撮るはツンツンするは、女性陣はキャーキャー言うわでちょっとした騒ぎに。
それでもニコニコしながら、質問を受けると丁寧に説明してくださった河野さん。
そのヘラクレスへの愛情の大きさに、一同かぶとを脱いだのでありました・・・

河野さん、大変お世話になりました。
これからさらに、人々を驚かすサイズのヘラクレスに期待しております!

アーカイブス

一覧を見る

Top

じゃがフォーン