UMKスーパーニュース

猛烈な台風

2018年09月14日

九州から1500キロ以上南の海上では、大型で猛烈な台風22号が勢力を維持しながらフィリピンへと向かっています。

中心気圧は905Paまで下がっていて、2013年にフィリピンで大きな被害をもたらした台風30号(ハイエン)以来の強さとなっています。

 

地上の気圧は高度によって異なりますが、海面での大気圧が1気圧とされていて、1気圧=1013.25Paです。

なお、海抜が低い宮崎市の気圧は、1気圧に近い1015Pa程度となっています。

 

宮崎市と台風22号の中心を比較すると、気圧差が100Paを超えていますが、100Paの気圧差とはどのような状態になるのか、簡単にまとめてみました。

 

先日台風21号が四国や近畿地方に上陸した際、大阪湾で高潮の被害が発生したように、気圧が低いところでは海面を上空に引き上げる効果があります。

「吸い上げ効果」と呼ばれていて、1hPaにつき1センチ上昇するため、100Paの気圧差では1メートルも海面が上昇することになります。

 

また、標高が高いところほど空気が薄く、気圧も低くなりますが、地上より100Pa以上気圧が低い900Paは、標高1000メートル付近に相当します。

鰐塚山や桜島の山頂、えびの高原付近が大体同じくらいの標高となっています。

 

さらにこれだけの気圧差があると風速もかなり強くなっていて、10分間の平均風速は55メートル、瞬間的には80メートルになると予想されていて、竜巻のような猛烈な風です。

 

上陸が予想されているフィリピンが心配になりますが、日向灘にも台風からのうねりや高波が届いているため、3連休に海岸へ出かける方はご注意ください。

 

 

情報募集中

身近な話題から、事件、事故まで皆様の情報をお待ちしています!

電話:0985-31-5333
FAX:0985-31-5702

情報投稿へ
みやざきふるさと中継 お天気ブログ