NOW ON AIR !

番組表
HOME 天気のサカイ目 「天気のサカイ目」はお休み中

酒井晋一郎

天気のサカイ目

「天気のサカイ目」はお休み中 2018年02月22日

平昌オリンピック開催中は、UMKスーパーニュースは短縮となっているため、「天気のサカイ目」のコーナーは休止中です。

しばらく「サカイ目」からは遠ざかっているので、普段はどんな風に「サカイ目」を探しているのか、振り返ってみました。

毎日のコーナーなので、ネタのストックは多少準備しているとはいえ、それほどたくさん用意しているわけではありません。

当日の朝に思いつくことがほとんどです。

当日から翌日にかけて、天気の移り変わりや、気温や湿度、風向・風速といった気象条件に大きな変化が予想される場合は、その変化を紹介しています。

折れ線グラフや表を使っているので、目にした覚えはあるでしょうか。

頭を悩ませるのは、天気の変化が乏しいときです。

春や秋は低気圧と高気圧が順番に日本列島を通過するため、天気にも変化が現れやすいのですが、真夏は太平洋高気圧に覆われ、真冬は冬型の気圧配置が継続するため、天気が安定しやすくなります。

こうなると天気の変化が現れにくくなるので、天気や気象条件の「変化」ではなく「状態」に注目します。

平年の数値や観測史上の極値と比較したり、警報・注意報基準と比べたりして、客観的・科学的にどんな状態なのか、ということを踏まえてまとめています。

雑学のようになってしまいますが、暦や天文、季節や生物などを天気に結びつけて、サカイ目にすることもあります。

漢字や外国語など、語源を調べていくと、面白い発見がけっこうありますよ。

来週から「天気のサカイ目」のコーナーは再開するので、「なぜこのサカイ目にしたのか?」ということに注目して観てもらえるとありがたいです。

また、天気に関する素朴な質問もお答えしていきますよ。

ご意見・ご感想の投稿フォームはこちら

https://www.umk.co.jp/question/?id=10

 

アーカイブス

一覧を見る

Top

じゃがフォーン