NOW ON AIR !

番組表
HOME 天気のサカイ目 ベストを着る理由

酒井晋一郎

天気のサカイ目

ベストを着る理由 2017年06月22日

4月に入って「天気のサカイ目」が始まったからか、街中で声をかけられることが多くなりました。

また、暑くてベストを脱いでいたときに、「今日はベスト着ないんですか?」と言われたり、「私服でベストではなかったから、本人という確信がなくて声をかけられなかった。」という投書があったり(状況を察するに間違いなく本人です)、ベスト姿も認知されているように感じます。

東京にいたときもそうですが、ベストを着ている人自体が少ないので、ベスト姿が印象に残るのかもしれませんが、私がベストを好んで着るのはちょっとした憧れがあるからです。

 

スーツは、ジャケット・ベスト・スラックスのスリーピースで初めて正統な着こなしになるから、ということを理由にあげることもありますが、本当の理由は、とある俳優さんのスリーピースの着こなしが格好良かったからなんです。

20年くらい前のドラマですが、真田広之さんが社長役を演じていて、スリーピースのスーツをビシッと着こなし、ベスト姿も社長らしい威厳をかもし出していました。

それほど背が高くない私としては、同じくらいの背丈であまりに格好良く着こなしていることに衝撃を受けました。

それ以来ひそかにベストに憧れていて、社会人になって5年くらいしたころから着るようになって、少しずつ枚数も増やしてきました。

 

6月に入ってもまだベストを着て天気情報をお伝えしていますが、夏が本番になる頃にはベストを置いてくるつもりなので、どのタイミングで格好が変わるのかもご注目ください。

 

 

アーカイブス

一覧を見る

Top

じゃがフォーン