NOW ON AIR !

番組表
HOME アナウンサー 永井友梨 ながいゆりのnagaism! ちはやふるの舞台へ★

永井友梨

ながいゆりのnagaism!

ちはやふるの舞台へ★ 2018年06月24日

どしゃぶりの日があったり

日差しの強い日があったり

梅雨と夏を行ったり来たりな天気ですね。

個人的には、もう涼しい秋の季節希望です。

 

さて、先日U-dokiでは

ダイナミックな競技かるたの世界、そして

「かるたの甲子園」ともいわれる大会の県予選の模様をお伝えしました。

ご覧頂けたでしょうか?

 

13連覇している宮崎大宮高校かるた部と

今勢いづいている宮崎西高校百人一首部の決勝、

両校の「勝ちたい!」がぶつかり合う接戦でした…

 

5人同時に試合を行い、3勝したほうが勝ちの団体戦。

大宮が1勝すると、今度は宮崎西が1勝、そして宮崎西さらに1勝で王手。

そこで大宮が王者の意地を見せ2勝目。

勝敗は残りの1組に託され、その組もまた接戦…

最後に札が1枚ずつ手元に残る“運命戦”を制し、

宮崎西高百人一首部が初優勝を果たしました。

 

 

百人一首といえば、小学校4年生のときのことを思い出します。

あれ?これ前書いたような…と思いブログをさかのぼると

2016年6月3日のブログに綴っておりましたので、簡単に…

当時、担任の先生の趣向?で、毎週木曜の朝はみんなで百人一首。

毎週2首先生の前で暗記しないといけない、という環境で

多くのクラスメイトが百人一首に夢中でした。

 

高校でも毎年クラス対抗の百人一首大会があり、

イベント担当の委員会に入っていた+勝負事には基本負けたくない ため

同じ委員の友だちと一緒に、担任の先生に

「百人一首大会が近いです。先生の話5分巻いてください」と

時間をもらい、決まり字の書かれたプリントを配って

みんなで覚えたこともありました。

 

そりゃあ、「ちはやふる」にもはまるはずです。

今高校生に戻ったら、競技かるたしたい…

そんなことも考えながら取材、編集をしました。

 

“かるたの甲子園”とよばれる全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会。

宮崎は予選への出場校が多く、全国大会出場枠が2校のため

宮崎西、宮崎大宮の2校が全国大会に出場します。

来月28日に団体戦、29日に個人戦が

かるたの聖地、滋賀県の近江神宮で行われます。

 

宮崎西高校百人一首部の皆さん

宮崎大宮高校競技かるた部の皆さん

全国大会頑張ってください!応援しています(^^)

アーカイブス

一覧を見る

Top

じゃがフォーン