NOW ON AIR !

番組表
HOME アナウンサー 榎木田朱美 ユッピー徒然日記 同じ温度で・・・

榎木田朱美

ユッピー徒然日記

同じ温度で・・・ 2013年04月30日

温度といえば・・・

先日、南郷町でシーカヤックの取材をしました

快晴のもと、おだやかな波の上をすべるカヤックに心癒され

無人島に渡ると、その透明度の高いビーチに興奮し

膝までじゃぶじゃぶ・・・

だって気温27度の夏日なんですもの

そして

翌日はナビゲーターをつとめる番組「みやざき偉人伝ひむかの群像」のロケで

山形県米沢市へ

特別すんごい寒波がやってきた日に北上する私

新幹線の車窓がみるみる雪国へ・・・

雪?

そう、山形は雪でした

気温5度・・・

前日は27度で膝までジャブジャブ

翌日は5度で膝までブルブル

気温差20度って・・・

「じぇじぇじぇじぇー」ですよ

(すみません、連ドラはまっております)

思わずコンビニに飛び込んで 100デニールのタイツを購入

2枚履きしちゃいました

北国のアナウンサーの皆さん、本当に尊敬します

だって、寒すぎて口がまわらない・・・

米沢牛のチャーシューという贅沢な米沢ラーメン食べたにも関わらず

大風邪ひいてしまいました

でも、それ考えたらあれだなぁ

おしん役の濱田ここねちゃん、すごいなぁ

南国から出てきた小学生が弱音ひとつ吐かずに

ロケをやり遂げたんですよね

先日 こどものくにでバッタリ会いました

濱田シローくん(父)とおしんがブランコに乗ってました

その横でうちのユッピーもブランコに

奇跡のブランコ競演

思わず 「うちの娘と握手してください」と言ってしまったミーハー母

ソフトクリーム食べたてのベトベトの手を差し出すユッピーに

ニコニコ笑顔で握手してくれました

そして おしん一言

「顔になんかついてる(笑)」

そう、ユッピーはクリームをたっぷり顔につけたまま

こどものくにを走り回っていたのです

さすがに恥ずかしかったのか、母のシャツで顔を拭き(やめてよ)

再びGO!

よほど楽しかったんでしょうね

@「ママ こどものくにって夜は花火あがるんじゃない?」

最近ですね 先を予測して会話するようになったんです

「すんごく楽しい!ずっとここにいたい!でも夕焼けのころになると

ママったら帰る雰囲気出してくるよね・・・そうだ!花火って言えば

ママ夜までここに居るって言うかも!」

→という思考のもとで @の一言が出たわけです

もちろん、花火があがるわけはなく、

最終的には抱きマグロとなって連れて帰られたんですけど

「週間先読みユッピー」

先を読みすぎて 昨日は晩御飯のときから

「きょうは寝ない!」と宣言しておりました

その理由がすごい

「だって ユッピー 夜が苦手だから」

いやいやいやいや、ここは母言わせてもらうよ

君が苦手なのは「朝」だよ、間違いなく

朝起こすと

「ちょっと待って 今ちょうど夢みてるとこ」

「一回だけ毛布かけて」

もはや受験生レベルのいいわけです

♪だだっだだらー 悲しいよるわーごめんだー♪ですよ

 

珍しく 自分から目覚めた日には

「ユッピー きょう早起きしたよねー」を10回は繰り返します

でも、昨日は特に眠れなかったユッピー・・・

連日 行楽地を走り回って

トランポリンとんで

ウォーターボール入ってぐるんぐるん回って

すべり台を脅威の体力で10往復して・・・

そして夜 「体が痛い・・・」

なんと 人生初の筋肉痛のようです

年齢を重ねると 筋肉痛は忘れた頃にやってきます

一緒に走り回った母はちっとも痛くありません

さすがヤングな4歳 その夜に筋肉痛やってきました

そして母は、一晩中体をさすってあげたのでした

恐らく 来週の火曜日くらいに 足が痛くなり、

なぜ痛いのか思い出せずにいる木曜日くらいに

一晩中さすった腕が痛くなるのでしょう

いいんです、こうして母は強くなるんです

「おら、つれぇことぁ なんもねぇ!」

ここねちゃんを見習って

きょうもがんばっぺ!

 

先日 親子遠足で楽しい時間を過ごした帰り道

年少園児のお母さんに「いつもブログ読んでます!

ユッピーちゃん 楽しいですよねぇ」

ちょっと嬉しくなり 先輩ママっぽくユッピーに挨拶させようと

ふと目線を落とすと

ユッピーお花を摘みながら

♪あぶらよごれにぃ じょい!ちょちょいのじょいやでぇ♪

お母さん 「きいてしまった・・・」と笑いを抑えるご様子・・・

 

うちのじょい君は、

きょうも驚くほど跳躍力のないプリキュアとなって

幼稚園近辺の、わりと狭い範囲の平和を守っております

 

 

 

 

 

 

アーカイブス

一覧を見る

Top

じゃがフォーン