番組情報

UMKスーパーニュース

Reらいふ

子育て応援施設 希望ヶ丘こども園地域子育て支援センター(2018年8月2日放送)

2018年08月03日

今週は、夏休みにも親子で楽しめる子育て応援施設を紹介しています。
今日は、希望ヶ丘こども園地域子育て支援センターにやってきました。

希望ヶ丘こども園地域子育て支援センター

宮崎市にある希望ヶ丘こども園に併設されているこちらの子育て支援センターは、約20年前、県内で最初の地域子育て支援の場として開設され、現在もたくさんの親子の憩いの場として親しまれています。

松村園長先生

子育て支援センターという概念がなかった当時、先代の園長が地域のお母さんや子供たちが孤立しないようにと始めた支援センターになっております。
先代の想いを引き継いで地域のお母さんや子供たちを支えていきたいと思っております。

利用者の声

最近は育休中のお父さんの姿も見られるようになりました。
利用者からは「一度で顔を覚えてもらえて嬉しかった」との声が多く聞かれます。

【利用者の声】
先生たちがすごくやさしくしてくださるので、みんなで仲良くワイワイできるところが楽しいです。

開設は火曜日、木曜日、金曜日の午前9時半から午後2時半まで。
今日は月に1回の「音楽で遊ぼう」の日です。

「音楽で遊ぼう」の日

♪空にキラキラお星さま~
音楽療法士の先生を招いて行われるこのプログラムは、毎回大人気で今回も約50人の親子が参加しました。

この「音楽で遊ぼう」のねらいはどういうところにあるのでしょうか?

音楽療法士 中武さん

親子でふれあいをたくさん持って、愛情をたっぷり注いでいただいて、ママもお子さんも心が満たされるようなそんな時間になってほしいなと思っています。

プール写真

イベントのない日は園のプールを開放しています。
日よけの付いたプールは紫外線が気になる保護者の方々にも好評です。

松村園長先生

小さいお子さんがいると社会から孤立しがちな気持ちになると思うのですが、子育て支援センターには、保育教諭の専門職もおりますので、悩みを打ち明けたり、気軽に遊びにいらしていただけたらと思います。

宮崎市には現在35の子育て支援センター

宮崎市には現在35の子育て支援センターがあります。
土日も開設しているところや子供の一時預かりを行っているところなど、それぞれ工夫を凝らした取り組みを行っています。

お問合せ

お気に入りの場所を探して一度出かけてみませんか?