NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 子育て応援施設 小林・TENAMU交流スペース(2018年7月30日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2018年07月31日

子育て応援施設 小林・TENAMU交流スペース(2018年7月30日放送)

今週のテーマは子育て応援施設。
きょうは、小林市の「TENAMU交流スペース」をご紹介します。

TENAMU交流スペース

TENAMUビルは、1階がスーパーで、2階が市民の交流スペース。
去年12月のオープン以来、幅広い年代の市民や親子連れで賑わっています。

中山雅子さん

TENAMUは西諸弁で「一緒に」という意味です。
小さい子からおじいちゃん、おばあちゃんまで利用しています。

キッズスペース

子ども連れの方が、最初にチェックしたいのがキッズスペース
木の玉プールや大型の遊具で体を使って遊ぶことができるほか、赤ちゃんも安心して遊べるようにスペースを区切って利用します。

利用者の声

  • 室内で遊ぶところがあまりなくて、便利だと思います。
  • 土日に連れて行くところがないときに利用しています。

交流スペースでイベント

こちらは、交流スペースに訪れた人がやってみたい、またはあるといいなと思ったイベントを付箋にはってもらって、イベントを企画しています。

子育てママからの要望で始まったフリーマーケット・・・
こちらの施設の使い方は無限大で、いろいろな使い方ができます。
展示やイベントなど、1時間あたり1区画108円で、スペースの貸出しをしており、全館貸切も可能です。
講座や音楽イベントなども定期的に開催しています。

図書スペース

こちらは図書スペースです。
実は全て市民の方から贈られた寄贈本なんです。
大阪で始まった「まちライブラリー」は、読んでもらいたい本にメッセージを添えて寄贈し、その本を読んだ人がまた感想を書き連ねる取り組みです。
こちらの本は、1人2冊まで貸し出しもできます。
また、絵本の貸出しもできます。
このほか、飲食店を始めたい人がお試し出店できるスペースも。

中山雅子さん

夏休みは、オセロ大会や野尻町のハーブを使ったイベントなども開催予定です。
ぜひ遊びにいらしてください。

お問合せ

親子で一緒に人とのつながりを感じられるTENAMU交流スペース。
夏のお出かけの参考にしてみては。

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン