番組情報

UMKスーパーニュース

Reらいふ

夏に行きたい!ブドウ狩り(2018年7月18日放送)

2018年07月19日

ブドウ狩りの話題

はちきれんばかりに育った大粒のブドウ、見るからに美味しそう!
今週のテーマは夏休みに行きたい!
今日は、楽しくて美味しい、ブドウ狩りの話題です。

太陽農園

伺ったのは、都農町にある、太陽農園。
こちらでは、魚の粉を使ったオリジナルの肥料を作るなど、手間隙かけて、ブドウ、ナシなどを栽培していて、来月初旬から、ブドウ狩りがスタートします。

河野猛さん

今年のブドウは、冬とても寒かったので、花の付きが良くて、とてもいいブドウになりました。
その中から一番いいものをならせているので、どれも美味しいブドウになっています。

ブドウ

こちらでは、殆どのブドウに、種なしの処理をしていて、皮ごと食べられる事で、話題の「シャインマスカット」や、「サニールージュ」など、9種類、生育に合わせて、すべての品種の摘み取りが可能です。

こちらは、とにかく粒が大きく、種なし、皮ごと食べられる、「雄宝」という品種です。

雄宝

すっきりした甘さで何個でも食べられそうですね。
皮がとても薄いので、食べやすいです。

ブドウ狩りのコツ

まずは、試食して、味の特徴を確かめた後、ブドウ狩りスタートです。
摘み取るときは、赤や黒いブドウは色が濃いもの。
緑のブドウは色が抜けて、黄色くなっているものを選ぶと美味しいそうです。

採り過ぎたブドウは買い取りも

パチン、 ずっしり重い、パンパンに実が張っています。
テンションが上がって、採りすぎそう。

みんなそれで後悔するんです。
採り過ぎても、納得できる美味しさのブドウは、品種により、1Kg 1000円~1500円で、買い取ります。

太陽農園

太陽農園では、ブドウ狩りは、9月下旬までで、今後、梨狩りや、キウイ狩りもスタートします。
さて、このような、美味しいブドウを使って、今、都農町では、高千穂町の企業と共同で、甘酒の開発を進めています。
都農の特産品を作るために、都農で取れた果物を使った甘酒を作ろうと思い、作りました。
ブドウ、キウイ、トマトができていて、近々発売、ぜひご期待下さい。

お問合せ

ブドウの風味がとても爽やか。
飲む点滴と言われる甘酒、夏バテ予防にも良さそう。
ポリフェノールやミネラル豊富で、栄養価が高いブドウ。
みんなで楽しく摘み取れば、夏の思い出と共に、元気ももらえそうです。