番組情報

UMKスーパーニュース

Reらいふ

専門店シリーズ オーダーメイドの皮工房(2018年1月11日放送)

2018年01月12日

今週のReらいふは色々な専門店を紹介しています。
今日は、こちら、革製品専門店にやってきました。

革工房クラウド

宮崎市の街なか四季通りにある「革工房クラウド」です。
店内には鞄などの革製品と機械や道具が所狭しと並び革独特の匂いがたちこめています。

谷口さん

中田:たくさんありますね。これは全部作業に使うものなのですか?
谷口さん:ええ。機械が好きで。宮崎で一番持ってるんじゃないかな。だから何でも作れますよ。
オーナーの谷口義行さんです。
専門店ならではの魅力を聞いてみます。

谷口さん

それはやっぱり、オリジナルのものが作れるということでしょう。
その人の用途に合ったものを、その人の雰囲気に合わせて作る

店内のディスプレイ

完全オーダーメイドのこのお店。
店内にディスプレイされた、たくさんの革製品は全て注文を受けて作ったもの、完成してお迎えを待つものや製作途中の作品たちです。

特注の財布

これはある障害者の人に依頼されて作ったもの。その方は指が2本だったので、その2本の指で開け閉めできるものを作って欲しいと言われて。
このお財布には様々なアイディアと工夫が詰まっています。
一枚革で作られており縫い目がなくコンパクト。
ファスナーやホックなどの留め具がないので開け閉めがしやすく力もいりません。
収納が多いのも魅力で一般の方々からも注文が相次ぎこれまでに二千個以上作ったそうです。

皮の染も行う

これはもともとは青色だったのを、持ち主の希望に合わせてダークな色に染めました。
仕上がりを見た依頼者は?

依頼者の声

依頼者:想像以上でした。何色とも言えないこの色がいい。

革は動物によっても部位によっても全部違う。そこが魅力です。その人の個性に合ったものを作るのが僕の仕事。
革製品の製作の他、染め替えや修理、クリーニングなど何でも相談できます。

お問合せ

専門店でなければ言えないわがまま、言ってみませんか?