NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ シリーズ 在宅医療・介護 1.歯科診療(5月29日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2017年05月30日

シリーズ 在宅医療・介護 1.歯科診療(5月29日放送)

在宅医療・介護

在宅医療というと、医師や看護師による訪問診療のイメージが強いと思いますが、その他にも、いろいろな職種で行われています。
そこで今週のReらいふは、在宅医療・介護についてシリーズでお伝えします。

青山先生

一回目の今日は、歯科診療について。
宮崎市本郷にある歯科医院を尋ねました。
青山院長は、20年前から訪問診療に取り組んでいて、多い日には、一日7、8件対応しています。

青山先生

Q:訪問診療を始めたきっかけは?
A:20年位前に近くの施設で訪問診療していました。
困っている人が非常に多く、また、高齢化社会にこれからなるということで、本格的にしなきゃいけないと思いました。

この日は、歯科医院から車で10分のお宅への訪問診療。
治療に必要な器具が入ったポータブルユニットを持って向かいます。

訪問診療の様子

まずは、口腔ケアが行われます。
口の中を清潔に保つことも大切な在宅医療です。
口腔内の細菌を取り除くことにより、誤嚥性肺炎を防ぐことや、飲み込みなどの向上につながります。
口腔リハビリを通して、お口の機能を高めたり、唾液を出して乾燥を防ぎ、細菌量を減らす事が必要です。

訪問診療:歯の治療

続いて歯の治療です。
この患者さんは、脳梗塞の後遺症で通院が難しく、訪問診療を利用しています。
歯の治療は、3か月計画で、週一回行われます。

訪問診療:歯の治療

歯が悪いと食べられない → 低栄養 → 体が弱る → 要介護状態になりやすい
治療すれば、食事を取れるようになり、体の状態も良くなる。
また、かめるという事が、あごから脳への刺激になり、認知症の予防にも効果があると考えられています。

利用者の家族

自分で連れて行くときは大変なんです・・・
こんなして来てもらって、治療してもらって、ものすごく助かっています。

歯の治療で困っている方は、かかりつけの歯科医師か、歯科医師会にお問い合わせ下さい。

宅医療は、単独では難しく、栄養面、リハビリ面とか、多職種の方の連携が大切。
これからは、在宅での歯科医療が必要になる方が多くなると思います。
安心して受けられる在宅医療を目指したい。
歯を整える事は、その人の元気につながります。
歯の治療で困っている方は、かかりつけの歯科医師か、歯科医師会にお問い合わせ下さい。

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン