NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 冬になると気分が落ち込む・・・「冬季うつ」とは?(12月14日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2016年12月15日

冬になると気分が落ち込む・・・「冬季うつ」とは?(12月14日放送)

今週のテーマは「家族のケア」です。
冬になるとうつ症状が現れる「冬季うつ病」のケアについてお届けします。

冬季うつ病のケアについて

冬になると気分が落ち込んで心や体に不調が現れるという人はいませんか?
今日はそんな季節性の気分障害「冬季うつ」についてお伝えします。

まつうら心の診療所

クリスマス、お正月と賑やかな行事が続くこの季節は街も気分も華やぎますがその一方で、気分障害を訴えて心療内科を訪れる人も増えてきます。
宮崎市にある「まつうら心の診療所」を訪ねました。

松浦先生

冬季うつ」とは、冬になるとうつ症状が現れ、春になると自然に治るというものです。
このような症状が2年以上続くと「冬季うつ」かもしれません。

冬季うつの症状

一般的なうつ病では、眠れないという症状が多いのに対し、眠ったにも関わらず、眠くて朝起きられない、という症状がみられます。

冬季うつの傾向

また炭水化物や甘いものを際限なく食べてしまい体重が増加する傾向があります。
また、気分が沈みがちで人に会ったり外出したりするのがつらい家事などいつもやっていることも億劫に感じる、といった一般的なうつ症状も現れてきます。
どれも寒い季節にありがちな傾向ですが極端に強く感じるとしたら要注意です。

冬季うつの原因

原因には日照時間が関係すると見られています。
冬になると日照時間が短くなりメラトニンやセロトニンといった脳内ホルモンの分泌が低下しやすくなります。
それによって様々な不調が現れると考えられています。

冬季うつの原因

  • 睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニン
  • 幸せホルモンと呼ばれるセロトニン

日光を浴びることで生成されるこれらのホルモンが不足することで睡眠のリズムが乱れたり精神のバランスが崩れたりすると考えられています。

改善方法

改善するためにはまず日光を浴びることです。
昼間、日光の当たる時間に外へ出て、散歩をしたり軽い運動をしたりするのがよいでしょう。
メラトニンやセロトニンの材料となる牛乳やチーズなどの乳製品を摂ることも効果的です。

改善方法:乳製品を取る

また、もし周囲にこのような症状の人がいたら、これはうつ病全般に言えることですが、受容的に話を聴いてあげたり適度なスキンシップをしたりして、孤独感を和らげてあげるとよいと思います。

孤独感を和らげる

これらを試みても改善しない時は心療内科や精神科を受診しましょう。
あなたの笑顔を必要としている人のためにも早めのケアが必要です。

お問合せ

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン