NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ ゆるい見守りで元気に!”ちゃのんば”(11月23日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2016年11月24日

ゆるい見守りで元気に!”ちゃのんば”(11月23日放送)

今週のテーマは「地域の見守り」です。
今日は、高原町で行われている主に高齢者を対象にした見守り事業。
ゆるーく見守る、ちゃのんば(茶飲み場)です。

高原町ほほえみ館

高原町にやってきました。
今日は、こちらの公民館が、「ちゃのんば」という、お茶を楽しむ場として開放されています。
皆さんどんな風に過ごしているんでしょうか。

ちゃのんば

ちゃのんば」とは、「茶飲み場」の事で、高原町で行われている、見守り事業の一つ。
NPO法人、たかはるハートムが町からの委託を受け、平成24年に本格始動
町内の15か所の地区で、月に、1,2回、決められた日に、自由に訪れて、お茶を飲みながらくつろげる場として、開かれています。

早田さん

そもそもの始まりは、自殺予防の為の、「一日30人と話そう」という活動をしていて、その延長として、お茶を飲みながら話をしようと、生まれたもの。

自殺者数

■効果は?

  • 23年には、12名という多数の方が自殺により亡くなられています。
    それが、本格始動した24年には、1名、26年には2名と、確実に減少しています。
    特に、70歳以上の高齢者に限りましては、平成24年からの自殺者は、一人もいらっしゃいません。

ちゃのんば

会場には、朝10時のオープンから、たくさんの人達が集まってきました。
この日は、高原町の健康推進モデル事業が行われ、血圧測定や、減塩についての説明などもあり、実際にどれくらいの量の、しょうゆ、みそを使うのが適正かなど、実際に味わって体感しながら、理解を深めていました。

谷山さん

ゆるーい見守りという事で、強制的に絶対来なさいという形ではなく、来やすい雰囲気はできていますので、そうした中で、今日はあの人はなんで来ないのかな?とか心の中で思いをめぐらすような感じで、時間が過ぎていくような場になっています。
家にあるもの、作ったものなどを持ち寄る参加者もいて、それをみんなで食べながら、和やかに会話を楽しんでいました、朝から午後の終了時刻まで、たっぷりくつろぐ人も多いそうです。

ちゃのんばはいかが?

■ちゃのんばはいかが?

  • 昔の暮らしとか、思い出話をいっぱい話して、楽しい所ですよ。
  • 来て、みんなと話したり、聞いたり、頭の体操になります。楽しいですか?楽しいです。
    また、会場に来られない人へは、『お話相手ボランティア』として、スタッフが自宅を訪れ、話を聞く活動もおこなっています。
  • あえて、突然訪問し、悩みを聞いてあげることで、「自分は一人じゃない」という事を、感じて貰いたいという事です。
  • 聞いている人が真剣に聞いているかは別として、話ができることが非常にいいと思います。

ゆるーい場所として、これからもスタイルを変えずに、この事業がゆるく長く続くようにしっかり支えていきたい。
ちゃのんば」の、ゆるく、さり気ない、見守りが、たくさんの人の心を支えているようです。

お問合せ

■お問合せ
高原町ほほえみ館
TEL:0984-42-4820

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン