NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 自分らしい終末期をエンディングノート出前講座(9月8日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2016年09月09日

自分らしい終末期をエンディングノート出前講座(9月8日放送)

人生最期の時間をより自分らしく生きるためのエンディングノート
その書き方を考える出前講座についてお伝えします。

エンディングノート

終活」「エンディングノート」といった言葉をよく耳にするようになりました。
自分らしい最期の時間について元気なうちに考えておきたいという人が増えています。

エンディングノート出前講座

そんな中、宮崎市では2年前から「エンディングノート出前講座」を行っていて、10人程度で申し込めば、職員が指定の場所に出向きます。
これまでに約2000人が受講しました。

エンディングノート

終末期のあり方について、よりよい最期を送りたいと思う人が増えています。
しかし、本人が最期まで治療内容を決められるのはまれなことで、家族に自分の意向を伝えておく必要があります。
そこでこのような、「わたしの想いをつなぐノート」を配布し、終末期医療についての想いを伝えるための書き方を講習しています。
講座では まず、自分の過去を振り返りながら、いちばん心が落ち着く環境について考えたり、死ぬまでにしたい3つのことや、最期の晩餐には何を食べたいかなど思い浮かべてもらいます。

説明のようす

次に、在宅医療や終末期医療と、延命治療についての意識調査の現状などが報告され、自分らしい人生の最後について考えてもらいます。
そして、「わたしの想いをつなぐノート」についての解説です。

保険証などと一緒に携帯できるサイズ

このノートは、保険証などと一緒に携帯できるサイズになっています。
延命治療についてなど伝えておきたいことを記入しますが、書き方の手引きもお渡ししますので、家に帰ってゆっくり書いて頂けます。

ノートの配布場所

このノートは、宮崎市の健康支援課長寿支援課各地区の地域包括支援センターなどで配布されていて、出前講座は、10人程度で申し込むことができます
元気な時から考える自分らしいエンディング。
家族で終末期について話し合ってみてはいかがでしょうか。

お問合せ

■お問合せ
宮崎市 健康支援課
TEL:0985-29-5286

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン