NOW ON AIR !

番組表
HOME 番組紹介 UMKスーパーニュース Reらいふ 癒しの空間!命をつなぐ「ネコカフェ」(2月22日放送)
UMKスーパーニュース
UMKスーパーニュース:
Reらいふ
番組TOPに戻る

2016年02月23日

癒しの空間!命をつなぐ「ネコカフェ」(2月22日放送)

きょうは「猫の日」です。
猫とたっぷり触れ合える癒しの空間「猫カフェ」をご紹介します。

2月22日は猫の日

にゃんにゃんにゃんの語呂合わせできょうは猫の日。猫とたっぷり触れ合える猫カフェをご紹介します。

店内

宮崎市にあるカフェです。
ここでは、コーヒーなど飲み物を楽しみながら、店内にいる猫たちと触れ合うことができます。

自由にしてるのがかわいい」「猫好きだが家で飼えないから。癒される。こんな風に生きていきたい・・・」などの声が・・・

しかし、ここはただ猫と触れ合えるだけのカフェではありません。
店内にいるほとんどが、保健所や動物愛護団体などに保護され、殺処分される寸前だった猫たちなんです。

グラフ

県内で殺処分された猫の数です。
これまで毎年3000匹余りが処分されていましたが徐々に減少し、昨年度1年間に殺処分された猫は1126匹と、統計開始以来、最も少なくなっています。

古賀さん

「減ってきているとはいえ、時期になると捨てられた猫がいたり猫をひきとってほしいという相談が後を絶たない。
一方で、猫ブームなのかちょっとずつお客さんも増えていて、猫が好きな方は増えている」
カフェでは猫との触れ合いだけでなく新たに譲り渡す活動も行っています。

山崎さん

カフェから猫を譲り受けた山崎美穂さんです。
猫を引き取る際、カフェでは最後まで責任を持って飼育できるか、育てられる環境が整っているかなど入念に確認します。
山崎さんはカフェから責任ある飼い主と認められこれまでに2匹の猫を引取りました。

賑やかになった。帰るのが楽しみ。家族みんな猫好き。あの子達も家族です
もっとよりたくさんの猫によいご縁があれば

これまでに200匹以上が、新たな飼い主の手に渡っていきました。

「新しい飼い主がいることで不幸な猫が減っていけば」
猫と触れ合える癒しの空間、「猫カフェ」。
縁を結んで命をつなぐ場所として支援の輪が広がっています。

■お問い合わせ
ねこカフェ「うたたね」
TEL:0985-53-2922

※きょうご紹介したカフェでは保健所と連携、相談してネコを引き取っていて一般からの猫の引き取りは行っていないということです。

情報募集中!

身近な話題から、事件、事故まで
皆様の情報をお待ちしています!

FAXでの投稿は 0985-31-5702 まで

みやざきふるさと中継 UMKニュース公式Twitter 気象予報士酒井さんの天気ブログ 天気のサカイ目 宮崎の「今」を大募集!ビデオPost
番組へのご意見ご感想はこちらから

Top

じゃがフォーン